【大阪オートメッセ2017】ディヴァイナーとサムライがコラボした”カーフレグランス”


ディヴァイナーが大人気の香水ブランドと強力タッグ
あの”モテる薫り”が車内で満喫できる

クルマとファッションを遊ぶ、アパレルブランド「ディヴァイナー」がフレグランスメーカー「サムライ」とコラボ。大阪オートメッセでオシャレなカーフレグランスを新たにデビューさせた。
アパレルとフレグランスの最先端をいく両雄がカーフレグランスとして提案するのが『ボトムブルー』だ。アウトロー×カジュアルスタイルをイメージさせるパッケージとその香りが新鮮。これまでのカーアイテムにはなかったオシャレな室内空間を演出してくれそうだ。

ボトムブルーはエアコンの吹き出し口にはめ込むタイプ。効率よく香りを室内に漂わせてくれる。

大阪オートメッセのブース内では、”ローカルビンテージ”をテーマとし、ブルーをベースに錆塗装を加えたメルセデス・ベンツGクラスを展示中。シートカバーはレザージャケットの素材を使用した注目作も見ることが可能だ。

【関連記事】