クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • カーライフ
  • 「R34スカイラインGT-R最後の勇姿」2車種がミニチュアカーメーカー「ヒコセブン」 “CARNEL”シリーズに登場
カーライフ
share:

「R34スカイラインGT-R最後の勇姿」2車種がミニチュアカーメーカー「ヒコセブン」 “CARNEL”シリーズに登場

投稿日:

TEXT: Auto Messe Web編集部  PHOTO: ヒコセブン/Auto Messe Web編集部

R34型スカイラインGT-Rの1/43スケールモデルに「V-spec II N1」と「M spec Nur」

 “こだわりのミニチュアカー”の生産提供を続けているヒコセブン(HIKOSEVEN)。市販車やカスタムカーはもとより、消防車、救急車、警察車両や戦車まで、“オモシロイ、珍しい、カッコイイ”モデルを選りすぐって作り上げている。一度限りの限定生産モデルだが、好評の「CARNEL」のシリーズに、今回2種類の日産スカイラインGT-Rが登場。予約受付が始まっている。1/43 日産 スカイライン GT-Rモデル2車種

 スカイライン伝説のなかでも語るに尽きないBNR34型スカイライン。スカイラインの名が付与された、最後の「スカイラインGT-R」。今回リリースされるダイキャストモデルは「1/43 日産 スカイライン GT-R VspecII N1 (BNR34) 2000 White」と「1/43 日産 スカイライン GT-R Mspec Nur (BNR34) 2002 Silica Brass」だ。

R34スカイライン生産終了の年に最高峰のこだわり車種

 すでに20年ほど前になるが、市販車バージョンのエンジン性能でしのぎを削っていたN1耐久レースで大活躍を続けていたスカイラインGT-Rは、プライベーターレース通のなかでもっとも崇められてもいたレース界の王者でもあった。

 そのスカイラインが2002年8月を持って生産終了を告げていた年の1月、メモリアル的存在として最後のスペックバージョンがいくつか登場していた。それがスカイラインGT-R の「V-spec II Nur 」と「M spec Nur」だった。スカイラインGT-R の「V-spec II Nur 」

「Nur」とは自動車業界では知らぬ人がいない、いうまでもないニュルブルクリンクの略。市販車の走行性能を煮詰めるテストランのメッカとも言われている、もっとも過酷なサーキットのこと。ふたつのバージョンはともに市販車の耐久レースとして名高いニュルブルクリンク24時間耐久レースや、国内耐久レースのベースエンジンとして使われているN1仕様のエンジンを搭載していた。「V-spec II N1」モデル

 耐久レースの速さに耐えられるチューンまで施された新しいスペックモデル。ピストンやコンロッドなど高精度のエンジンチューニングがいたるところに施され、高回転でのロスもなく艶やかにエンジンが吹きあがると好評を博していくエンジン。特別仕様限定車はシリンダーヘッドカバーは、なんとゴールド色のものだった。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS