クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • 都会じゃ地味でも自然の中なら「映え」確実! アースカラーな軽自動車10選
OUTDOOR
share:

都会じゃ地味でも自然の中なら「映え」確実! アースカラーな軽自動車10選

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: スズキ/ダイハツ/本田技研工業/Auto Messe Web編集部

アウトドアフィールドに自然に溶け込めるようなボディカラー

 アウトドアに乗って行き、アウトドアフィールドにマッチするクルマのボディカラーはどんな色だろうか。山登りに着ていく服は、万一の遭難の際に目立つ色がいいとされていて、派手な色も人気だが、クルマのボディカラーはそれとはちょっと違う感じがする。

 つまり自然のなかに溶け込める、いわゆるアースカラーと呼ばれる色が好ましいと思える。1台のクルマに用意されるボディカラーは、年々、人気カラー集中で縮小傾向にあると言っていいが、それでも定番のホワイト、ブラック、ダークブルー、シルバーから、派手なレッド、オレンジなど。

 アウトドア向きの車種には渋いとも言える、アースカラーのボディカラーが用意されていることも少なくないのである。ここでは、そんなアウトドアフィールドに自然に溶け込めるようなボディカラーを用意している軽自動車を紹介したい。

ダイハツ・タフト

 まずは、アウトドア派にも人気のダイハツ・タフト。ボディカラーは9色用意されているが、そのなかでもレイクブルーメタリック(とくにお薦め)、サンドベージュメタリック、フォレストカーキメタリックがアウトドアフィールドにお似合いだ。ダイハツ・タフト

 タフトのエクステリアデザインの魅力、お得感!?は、全車標準のガラスルーフ=スカイフィールトップにあり、それが外からはブラックに見えるため、追加料金なし!?でルーフをブラックに塗り分けた2トーンルーフのように見えるところもいい。ダイハツ・タフト

ダイハツ・ウェイク

 同じダイハツのハイト系ワゴンのウェイクは、オフビートカーキメタリックとレイクブルーメタリックがアースカラーっぽい。だが、アウトドアにぴったりなキャラクターにして、タフトほどアウトドアに似合うカラーが揃っていないところが少し残念……。ダイハツ・ウエイク

スズキ・ハスラー

 スズキの軽自動車はどうか。アウトドアと言えば、ワゴン×SUVのハスラーが定番。鮮烈なピンクやオレンジ、イエローといったカラーもあるなかで、よりアウトドアに似合うのは、シフェンアイボリーメタリック、オフブルーメタリック、クールカーキパールメタリックあたりだろうか。ルーフレールが付いたJスタイルのほうが、オシャレかつアウトドアに向いているとも言えそうだ。シフェンアイボリーメタリック、オフブルーメタリックはワゴンRスマイルにも用意されている。スズキ・ハスラー

三菱eKクロス&日産ルークス

 ハイト系ワゴン、スーパーハイト系軽自動車でSUVテイストが強いエクステリアデザインを持つユーティリティ系の1台が、三菱eKクロス、およびeKスペース。その顔つきはまさにミニデリカD:5のようだが、意外にアースカラー系のボディカラーはオリーブグリーンメタリックのみとなる。日産ルークスもプレミアムオリーブぐらいとなる。三菱eKクロス

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS