クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • オートマが凄いのは知ってたけどまさかココまで! 圧倒的実力の2ペダルスポーツモデル4選
CUSTOM
share:

オートマが凄いのは知ってたけどまさかココまで! 圧倒的実力の2ペダルスポーツモデル4選

投稿日:

TEXT: 加茂 新 PHOTO: 加茂 新/Auto Messe Web

  • クルーズのデモカー
  • 現行スイスポの外観
  • スイスポのATレバー
  • ATのイメージ
  • R35のシフトレバー
  • ランエボのシフトレバー
  • GT-Rとランエボ
  • 初代86とBRZ
  • 86のATレバー
  • ATのイメージ

輸入車の名だたるスポーツカーは2ペダル化が進む

 今や、世界のスポーツカーは2ペダルだらけ!! レースもほぼすべて2ペダル!! ならば、われわれも2ペダルでスポーツしようじゃないか!! オススメ車種とチューニングをピックアップしたので紹介していこう。

スズキ・スイフトスポーツ(現行型)

 先代のCVTはスポーツ走行では不評だったスイフトスポーツ。現行型は6速ATとなり、その変速レスポンスはなかなか鋭い。変な癖もなくパドルシフトで小気味よく走れるので、ATでサーキットも十分楽しめる。ワインディングならもちろん、なんの不満もなし。

現行スイスポの外観

 チューニングへの対応力もなかなかで、ブーストアップはおろかタービン交換でも問題なし。北海道のショップ「クルーズ」ではATでデモカーを作成。オリジナルタービンで約200psを発揮し、十勝クラブマンコース1分38秒。筑波1分7秒1をマークしている。

クルーズのデモカー

 問題点はズバリ、LSDが無いこと。FFなのでAT内にディファレンシャル機構があるため、後述する86/BRZのように簡単にLSDが組み込めない。というか、現時点でAT車用のLSDというものが存在していないのだ。それでもしっかりと路面を捉えるサスペンションがあれば、大きなサーキットではほとんど問題なし。むしろ、タイトターンが多いミニサーキットでトラクションが足りなく感じる。それ以外は2ペダルでもまったく問題なしだ。

スイスポのATレバー

日産GT-R&三菱ランサーエボリューションX

 どちらも2ペダルスポーツカーとして生まれたクルマ。変速を極限まで速くするため、クラッチをふたつ持ったツインクラッチシステムで、1速で走行時にはもう2速が準備していてすぐにシフトアップできる。どちらもパワーアップにも対応していて、本格的なスポーツ走行も可能だ。

GT-Rとランエボ

 しかし、いかんせん車両が高価なのと、ミッション自体も高い。R35ではミッションにトラブルが発生して交換となると、100~200万円必要になることも多い。ランエボXはそもそも年式が古い割に中古車価格が高騰していて、ちょっとオススメできないほどの車両価格になってしまっている。

R35のシフトレバー

 R35用ミッションはハイパワーに対応する強化パーツが存在。ランエボX用にも強化フェーシングなどがあり、ハイパワーにも対応可能だったが、それなりの費用は必要。かなりの覚悟は必要だが、スーパーGTマシンのような素早いシフトアップ、シフトダウンが楽しめる貴重な存在だ。

ランエボのシフトレバー

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS