GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方 (1/2ページ)

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方

『ザウルス』林 徳利代表と愛車R32GT-Rとの付き合い方

 記録を出すためのデモカーではなく、愛車として1994年式R32型スカイラインGT-Rと向き合う。そこから見えて来るパーツの善し悪しやメリット・デメリット。埼玉県に店舗を構えるチューニングショップ『ザウルス』の林 徳利代表は、プロショップのオーナーとして、何よりもGT-Rが大好きなユーザーとして愛車と向き合う。エンジンを作り上げた後の慣らし運転からユーザーとの付き合い方まで話をうかがった。

走る実験室的に活用してパーツの実力を理解する

「ウチは売り文句を聞いただけの新製品を、お客さまに勧めるような無謀なことはしません。必ず自分が使って納得したものだけを提供します」と力説する『ガレージザウルス』の林 徳利代表。通称とっくり。

 価値観というものは人によってさまざまで、良い悪いの基準は千差万別だ。だから自分の物差しでじっくりと吟味してから、そのパーツをユーザーに提供するかどうかを決めていく。目に余るものはメーカーに意見するという。それがきっかけとなってパーツが改善されてメーカーとの関係も深まった、というエピソードは少なくない。

【関連記事】日産新型EV「アリア」オーナーに朗報! 静かな車内で同乗者がテレビを楽しめるデータシステム「TV-KIT」が登場

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら

 気になるパーツを試すのがこのBNR32。走る実験室的な存在だ。ニックネームは「シルバーパンダ」。クルマを引退する年齢に差し掛かった常連から平成23(2011)年に格安で譲り受けた。安過ぎると主張したが、そのぶん大切に乗ってほしいというのが要望だった。並々ならぬ愛着のあるクルマだから、なんとしても気心知れた信頼できる人物に乗り継いでもらいたい。そんな願いをしっかりと受け止めた。 

一発の速さではなく耐久性と乗り味重視

「デモカーはドラッグや最高速の記録を出すことが目的だから、多少の不満は目をつぶります。オーバーホールも頻繁に行いますから耐久性もそれほど関係ない」

 しかしこのR32は違う。愛車として接しているので普段使いに耐えられることが絶対条件だ。個性的なチューニングを施せば長所ばかりでなく短所も浮き彫りになる。そんな癖のある乗り味に街中でどう折り合いをつけていくか、存分に刺激を楽しみながらその答えを模索する。 

「ショップのオーナーであり、チューナーでもあるのですが、それ以前にGT-Rが死ぬほど好きな単なるユーザーなんです。ユーザーだったら気になるパーツを見つけたら使ってみたい。それを実践している、ただそれだけです」

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら

 話を聞いていると贅沢で羨ましいが現実はそう上手くはいかない。今や日本ばかりでなく世界中からパーツの情報が入ってくるが、良いパーツばかりではないのが実情だ。吟味するには時間も費用も掛かる。それでもユーザーに勧める以上は、自分で試さなければ説得力がない。どう良いのかをメーカーの広告通りに話してもユーザーは納得しない。本音の部分が知りたいのだ。 

「自分の言葉で話さないとユーザーにはすぐに気付かれます。大切な愛車のことなのでみんな真剣ですからね。もちろん気になるすべてのパーツを試すのは不可能なので、手に負えないときには半デモカー的な存在の昔からの常連さんに頼みます。彼らの判断基準は心得ていますから、感想を聞けばどんなものかがわかる。頼りになる仲間たちです」

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら

 現在はTF08改タービンを使ったビッグシングル仕様。高回転型の痛快な特性は気に入っているが、ずっとこの状態で乗り続けるわけではない。気になるパーツが出てきたら、それも試したいからだ。ユーザーにオススメというパッケージングとも違う。自分とそのユーザーの使い方や好みは違うものだ。それでもTF08改の豪快具合は詳細に説明できる。このターボがどんなユーザーに向くかも引き出しの中にしまうことができた。シルバーパンダとはこうした付き合い方をしている。