GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方 (2/2ページ)

エンジンを分解して確認し何をすべきか答えが見える

 譲り受けたときの走行距離は3万km台の後半。すでに2.8LになっていてVカムのステップ1がセットされていた。ターボはGT2530のツインで600psちょっとの実力。街中で扱いやすい優等生的な味付けだ。この状態でしばらく乗って、その後は気になるターボを見つけるとツイン、シングルを問わずに付け換えた。こうして優等生は徐々に刺激が加えられていく。

「ハイコンプ化も行いました。圧縮比を10.5まで引き上げたんです。どんなフィーリングになるのか、燃焼スピードを探りました。下だけは良かったな。そんな体験談も自分にとっての貴重な財産です」

 そして走行距離が8万2,000kmの時点でエンジンをオーバーホール。現在の仕様になり、慣らしのために北海道まで往復した。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら

「ザウルスの慣らしは走行距離では判断せず時間で管理します。3,000rpmキープで一晩で1,000km走ったからそれで終了というのでは、エンジンがモノ足りなく感じるはずです」

 推奨は30時間慣らし。渋滞や信号待ちでのアイドルングもカウントしてOKで合計30時間エンジンを回す。厳守するエンジン回転数は仕様にもよるが基本的には3,000rpm。それとブースト圧にも気を配る。大きなターボは心配ないがGT-SSクラスで2.8LのVカム仕様といった場合は3,000rpmでフルブーストになってしまうので、制御をかけて0.3kg/㎠以上にならないようにする。最初の10時間はなるべく平坦な道を選んでエンジンが喜ぶような負担の掛からない走りに徹する。次の10時間は坂道も取り入れてアップダウンを意識する。そして最後の10時間は回転数を3,800rpm程度まで上げてコーナーなども取り入れる。こうして少しずつ負荷を増やして整えていく。

慣らし時のオイル交換はシビアに行う

「オイルの汚れは10時間あたりでピークを迎えますから、必ず15時間以内に交換です。慣らし終了後のオイル劣化は少ないですが、今後エンジンは負担が掛かるので全開できる粘度にして再び交換。このときにはフィルターも新品に換えますね。慣らしは油圧がそれほど掛からないので30時間は十分持ちます」

 今までに1,300基にも及ぶRB26DETTのエンジンオーバーホールで得た極意はとてつもなく多い。オイルの劣化は汚れだけでは判断できない。酸化も調べる。確認方法は指先で感じるぬめり具合と匂いだ。RB26DETTに関して言えばカムの度数はもちろん、バルタイ変更でのエンジン音の違いさえも聞き分けられる。一般オーナーとの違いはこの経験値だろう。そこから得た知識は惜しみなくユーザーカーに注ぎ込かれる。

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら

「仕様を決めるまでユーザーとじっくりと腹を割って話し合います。生活の中でGT-Rがどんな位置にあるのか。どこまでの負担が許されるのか。その仕様に合ったメンテナンスのことも伝えます。この段階を重視しているので電話での見積もりなどはあり得ない。店に来ても最初は自分は話しません。めげずに2度3度とやってきたら本物だと判断して深くて長い付き合いを始めます」

 ユーザーと分かち合うためにシルバーパンダで走り込み、そして感じ取る。気の合う相棒は意外なことも気付かせてくれる。

●林 徳利代表GT-R PROFILE

■所有車両:BNR32

■年式:1994年式

■乗り始め時期:2011年4月

■現在の総走行距離:8万6,460㎞

■現在の車両スペック

エンジン:HKS2.8LキットSTEP1/VカムシステムSTEPプロ改、SAURUS950㏄フューエルインジェクター、NISMO大容量フューエルポンプ×2、TF08ターボ改、TIAL60φウエストゲート、SAURUSエキマニ/90φマフラー、NAPREC大容量サージタンク/49φビッグスロットル、BLITZサスパワー SAURUSヘッドカバー/ラジエターフードトップ

冷却系:HPIラジエータ、TRUST3層インタークーラー/オイルクーラー改

電子パーツ:HKS EVC/F-CON V Pro4.0

足まわり:SAURUS REXサスペンションキット、CUSCOフロントテンションロッド/フロントアッパーアーム/リヤアッパーアーム/前後スタビライザー、NISMOフロントロアアーム/リヤロアアーム/強化ブッシュ

駆動系:ORC 1000F、ACRTカーボンプロペラシャフト、OS技研スーパーロック、SAURUS 3速クロスミッション

補強:SAURUSチタンタワーバー

エクステリア:SAURUSフロントフェンダー/ドラッグスポイラー /リヤフェンダー叩き出し

インテリア:BRIDE VIOSタイプR

ホイール:YH ADVAN Racing GT(10.5J×18+15)

タイヤ:YH ADVAN NEOVA AD08(265/35R18)

■パワー&トルク:930㎰/7,000rpm 88㎏-m/5,250rpm

(2020年9月当時)

GT-Rの「プロ」が考える! RB26DETTを生かすエンジン慣らしとチューニングへの考え方画像はこちら