ネオクラ世代スポーツカーはイジっても楽しい! チューニングで魅力が倍増するエンジンとは (2/2ページ)

NAからスーチャー仕様までバリエーション豊富な4A-Gも魅力

 自然吸気でひとつ挙げるならトヨタの4A-GE。1983年にAE86型のレビン&トレノに初めて搭載され、出力はグロス値で130psと今でこそ平凡に感じる数字だが、AE92型の後期モデルはネット値で140psまで向上した。またAE92/101型のレビン&トレノとAW11型のMR2にはスーパーチャージャー仕様、AE101/111型では20バルブ仕様と年代ごとのバリエーションが数多く存在する。

【関連記事】【ミニバン&ワゴンのカスタマイズ30年史】車高短ブーム到来! 「シンプル」&「ラグジュアリー」全盛の2000年代前半とは

4A-Gエンジン画像はこちら

 とくに4A-GEの最終版であるAE111の『黒ヘッド』は、AE86にスワップする素材として現在も根強い人気があり、インターネットオークションでは20~50万円と相当な高値。さらにエンジンのチューニングも昔から盛んで、レースと同じN1仕様からハイカム&ハイコンプ、キャブレター化や20バルブの4連スロットル流用、ターボ化や最大で1800cc以上の排気量アップまで、メニューの多彩さはライバルのシビックを凌駕する。

 これらのエンジンを搭載しているクルマは結構な高値になっており、購入と維持に関するハードルは高いと言わざるを得ないが、ほかのエンジンでは味わえない楽しさがあることは確実だ。タマ数が少なくなるに従って価格が上がるのは必然、手に入れるなら一刻も早く動かないと後悔するかも?