クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • トヨタ「タコマ」がプレランナー仕様に! デザートレース「バハ1000」スタイルに仕上げて気ままにキャンプへ
CUSTOM
share:

トヨタ「タコマ」がプレランナー仕様に! デザートレース「バハ1000」スタイルに仕上げて気ままにキャンプへ

投稿日:

TEXT: 青木邦敏 PHOTO: 青木邦敏

  • ジャンプ時の着地に備えてバンパーを外し、鉄パイプとガード用の鉄板をセット

SUVの次はピックアップが来る!?

 メキシコで開催される世界一過酷なオフロードレース「バハ1000」をご存じだろうか。メキシコのバハ・カリフォルニア半島の都市からスタートし、過酷な砂漠、岩場の多い山岳地帯を800km以上走行(開催年によって距離は大きく異なる)。しかも、それをずっと高速で駆け抜けるオフロードレースの最高峰だ。

 起伏に富んだ地形の中を飛んだり跳ねたりしながら走ることから、その車両はバハ用として特殊なつくりとなっている。じつは今、そんなバハに代表される砂漠を走るオフロードレース用にカスタムする「プレランナー」と呼ばれるスタイルが、カルフォルニアを中心に流行しはじめている。果たしてこのプレランナーとはどのようマシンなのだろうか。

プレランナースタイルに注目

 ピックアップトラックのカスタムは昔から人気が高い。だが最近、とくに注目を集めているのがバハに代表される砂漠を走るオフロードレース用にカスタムした「プレランナー」スタイルだ。じつはこのマシン、本格的にハバに参戦するために作ったモンスターピックアップトラックとは違って、レース前に下見とテスト走行を兼ねてカスタムを施したマシンの呼び名だ。

 とんでもない悪路を走り切るために走破性を高めるチューニングを施しているが、本格的レースマシンと違いあくまでもテスト車なので、意外にも内装は純正のままだったりする。

 道なき道を突き進む砂漠のオフローダーとして日本でも注目されはじめたプレランナースタイル。これにいち早く目を付け楽しんでいるのが、今回紹介するトヨタ「タコマ」を駆るロックさんだ。

 本場カルフォルニアのプレランナー仕様の特徴は、大きくジャンプしてもクルマが壊れないように作り込む点にある。そのため、車高はハイリフトに加えてしっかり衝撃を吸収しながらよく動くサスペンションを装着。さらにジャンプ時の着地に備えてバンパーを外し、鉄パイプとガード用の鉄板をセットするのが大きな特徴だ。また、他にもより太いタイヤを履かせるためにブリスターフェンダーの装着や、小径ホイールに分厚いタイヤの組み合わせなど、プレランナーとしての見せ方やポイントは細かく見ていくとたくさんある。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS