クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「ウラカン」に創立60周年を祝う特別カラーモデルが登場! ミラノデザインウィークでランボルギーニがお披露目
CAR
share:

「ウラカン」に創立60周年を祝う特別カラーモデルが登場! ミラノデザインウィークでランボルギーニがお披露目

投稿日:

TEXT: iconic  PHOTO: Automobili Lamborghini S.p.A.

  • 最高出力640psのV10エンジンを搭載するウラカンSTOは、ハイパフォーマンスなアスリートのためのスポーツウェアを連想させる同系色でまとめられている

個性的3モデルを各60台限定で生産

ランボルギーニは創立60周年を記念したウラカンの特別仕様「リミテッド エディション」を、2023年4月に開催されたミラノデザインウィークにおいて披露した。特別仕様はウラカンSTO、ウラカン テクニカ、ウラカン EVOスパイダーの3モデルをベースに、それぞれに2種類の仕様を用意。各60台ずつの限定となり、車両には限定モデルを表す“1of60”のカーボン製プレートや、60thのロゴがドアやシートに備わっている。

各モデルの個性に合わせたカラーリング

お披露目の場となるミラノデザインウィークは、毎年4月にイタリア・ミラノで開催されているデザインの祭典。世界最大規模の家具見本市であるミラノサローネを中心に、市内各所で企業や個人が個々に開くデザインイベントのフォーリサローネが開催される。日本からもレクサスがトルトーナのSuperstudioで、建築家のスーチ・レディ氏とコラボレーションしたインスタレーションとレクサスデザインアワード受賞者の最終作品を公開していた。ちなみに、4年ぶりの4月開催となった2023年のミラノサローネには30万7418人が来場している。

レーシングカーの技術を用いたロードゴーイングレーサー、ウラカンSTOはアスリートのためのスポーツウェアやチームカラーを連想させる同系色でエクステリアをまとめた。1つはブルー系統でまとめられており、Blu Aegeus(マットブルー)のボディカラーをBlu Astraeus(濃紺)のパーツで演出、Blu Miraフィニッシュのカーボンを組み合わせることも可能だ。

ランボルギーニ ウラカンSTO

インテリアはブラックとグレーのアルカンターラをBlu Amon(ブルー)のステッチで飾っている。もう1つはGrigio Telesto(グレー)と、Nero Noctis(ブラック)のボディを剥き出しのカーボンパーツで飾った仕様。こちらのインテリアはブラックとグレーのアルカンターラにRosso Alala(レッド)とステッチとレザーがプラスされている。両仕様共にシートには60周年の記念モデルであることを示す刺繍が入っており、マットブラックの20インチ鍛造ホイール(Hek)で仕立てられた。

1 2

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS