クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 旧型「ディフェンダー」が4000万円!? 30台限定! ウイスキーの聖地「アイラ島」エディションのランドローバーとは
CAR
share:

旧型「ディフェンダー」が4000万円!? 30台限定! ウイスキーの聖地「アイラ島」エディションのランドローバーとは

投稿日:

TEXT: AMW編集部  PHOTO: Jaguar Land Rover

メーカー自ら完璧にレストアしたクラシック ディフェンダー

ランドローバーのヘリテージ部門「ランドローバー・クラシック」から2023年5月、「CLASSIC DEFENDER WORKS V8 ISLAY EDITION」(クラシック ディフェンダー ワークスV8 アイラ エディション)が発売されました。先代「ディフェンダー」をレストアして最新のパワートレインを搭載した世界30台限定の特別仕様車で、スコットランドのアイラ島をテーマにしています。

英国の誇るスコッチウイスキーの聖地がアイラ島

スコットランド南西部に浮かぶアイラ島は古くからウイスキーの名産地として知られている土地だ。淡路島と同じくらいの大きさの島の中に現在9つの蒸留所が存在していて、そのうちラフロイグやボウモア、アードベックといった銘柄は、少しお酒が好きな人なら耳にしたことがあるだろう。

アイラ島は島の1/4が、植物が長い年月をかけて炭化したピート(泥炭)からなり、しかも海藻が多く含まれているのが特徴。ウイスキーの製造工程で、大麦を乾燥させるときにこのピートを乾燥させたものを燃焼させ、特徴的な風味がプラスされるわけだ。アイラ島のウイスキーはスモーキーかつピーティー、言い方を変えるとヨードやクレゾールのような、独特のクセの強い香りが強烈な個性を放つのだが、海に育まれたピートならではの複雑なニュアンスを楽しむことができ、世界中に多くの熱狂的なファンを持っている。

「LAND ROVER」の名が誕生した島でもある

さて、話は1947年にさかのぼる。当時ローバー・カー・カンパニーの経営者だったスペンサー・ウィルクス(後にランドローバー創設のひとりに)はアイラ島に休暇用の邸宅を持っていて、そこを拠点に新型車の初期プロトタイプのテストを行っていた。悪路を走行するために大幅な変更を施した「ROVER」(動き回るもの、の意味)を走らせているとき、それを見た邸宅の管理人イアン・ダンカンが「これは新しい“LAND LOVER(大地の中を動き回るもの)”だ!」と叫んだことがきっかけとなり、「LAND ROVER」の名前が誕生。そして翌1948年に「ランドローバー シリーズ1」が発売されたのだった。

今回ランドローバー・クラシックから発売されたクラシック ディフェンダーの「アイラ エディション」は、まさしくこの故事にちなんだヘリテージモデルとなる。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS