クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 2470万円で落札! BMW「M4 CSL」は新車から約470万円のプレ値がついた今買っておくべき1台です
CAR
share:
2470万円で落札! BMW「M4 CSL」は新車から約470万円のプレ値がついた今買っておくべき1台です

2470万円で落札! BMW「M4 CSL」は新車から約470万円のプレ値がついた今買っておくべき1台です

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2022 Courtesy of RM Sotheby's

新車価格からほぼ3万ユーロ増し

近年のコレクターズカー市場では、新車として販売されて間もない時期のハイパーカーやスーパーカー、あるいはプレミアムカーの限定モデルが早々に売りに出される事例も少なくはない。去る2023年5月に開催されたクラシックカー・コンクール「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」の公式オークション、RMサザビーズの「Villa Erba」では、コンコルソ主催社でもあるBMWの名車たち、ことに近現代の「M」モデルたちが多数出品されることになった。その出品車両の中に、昨2022年に限定生産されたばかりの「M4 CSL」が含まれていたことが、全世界レベルの話題を呼んだという。

伝統のCSLの名を冠した、もっともハードコアな現行型M4クーペとは?

BMW「M」部門の創業50周年を記念して製作された、世界1000台の限定モデルとして2022年5月に発表された「M4 CSL」は、G82世代の4シリーズで最も速く、最もパワフルなモデル。はるか半世紀前、バットモービルとも呼ばれた「3.0 CSL」や、20年前のE46系「M3 CSL」と同様のセオリーにしたがって、数々の軽量化策が施されている。

たとえば、カーボンファイバー強化プラスチックのボンネットとトランクリッド、キドニーグリル、エアインレット、ドアミラーカバー、そしてルーフやディフューザーなど多くのパーツがCFRPに置き換えたほか、遮音材の削減に軽量チタン製エグゾーストシステム、カーボンセラミックのブレーキディスク、E46系M3 CSLスタイルの一体型リアスポイラーなど、ハイスペックな仕様で構成されている。

BMW M4 CLS

いっぽうインテリアでは、レーススペックの「Mカーボン・フルバケットシート」を前席に装備。リアシートは潔く取り外したうえに、センターコンソールもカーボンファイバー製の専用品に換装。ステアリングまわりでも、スポークの加飾部分やパドルシフトのパドルなどがCFRPの専用品とされた。

こうして「Coupe(クーペ)」「Sport(シュポルト)」、そして「ライヒトバウ(Leichtbau)」、すなわちライトウェイトのイニシャルとうたわれていたCSLの名にふさわしいデバイスを重ねた結果、メーカー公表値では「M4クーペ コンペティション(RWD)」に比べたら約100kgの軽量化に相当する、1630kgの車両重量となった。

そしてM4用エンジンの「S58B30B」では480ps、M4コンペティション」用の「S58B30A」では510psを得ていたパワーユニットは、さらに40psアップに相当する550psスペックとされたうえでM4 CSLに搭載。前述のシビアなダイエットも手伝って、M4 CSLはわずか3.7秒で100km/hに達することができるとうたわれた。

さらにこの改良は、「ノルドシュライフェ(ニュルブルクリンク北コース)」のホットラップによって実証されることになる。M4 CSLは、先代F82系M4のハードコア版「M4 GTS」のラップタイムから8秒を短縮し、BMW量産モデル史上最速となる7分20秒207を叩き出したのだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS