クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 「アーマーゲー」と呼ばれたバブルなベンツ「560SLE AMG 6.0」が2500万円オーバーで落札! ヤナセがAMGジャパンに持ち込んだ1台でした
CLASSIC
share:
「アーマーゲー」と呼ばれたバブルなベンツ「560SLE AMG 6.0」が2500万円オーバーで落札! ヤナセがAMGジャパンに持ち込んだ1台でした

「アーマーゲー」と呼ばれたバブルなベンツ「560SLE AMG 6.0」が2500万円オーバーで落札! ヤナセがAMGジャパンに持ち込んだ1台でした

投稿日:

TEXT: 塩見 誠(SHIOMI Makoto)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

車両全体のクオリティは非常に高い

2023年8月17日〜19日、RMサザビーズがアメリカモントレーで開催したオークションにおいてメルセデス・ベンツ「560SLE AMG 6.0」が出品された。今回はいくらで落札されたのか、同車について振り返りながらお伝えしよう。

AMGはメルセデスの市販モデルをベースとしたコンプリートカーを製作

いまでこそAMGブランドはメルセデス・ベンツグループの一員となっているが、発足当時はあくまでも市井のチューナーだった。とはいっても、メルセデス・ベンツとの関係性は深く、早くから参戦していたレースの世界では、メルセデスの準ワークスチームといった存在であったし、1980年代半ばからはAMGの開発したパーツをメルセデスに供給するようになっている。

なぜ市井のチューナーであったAMGが、メルセデス・ベンツと深い関係を保てたのか。それを知るためには、AMGが活動をはじめた理由を探らなければならない。

AMGは、当時のダイムラー・ベンツ社でレース用エンジンの開発をおこなっていたエンジニア、ハンス・ヴェルナー・アウフレヒト氏と、エアハルト・メルヒャー氏が創業した。AMGブランド名は、アウフレヒトとメルヒャー、そしてアウフレヒト氏の故郷であるグロースアスバッハの頭文字をつないだものだ。

両氏はダイムラー・ベンツ時代、レース用エンジンの開発を手掛けていたが、ワークス活動を再開しない会社の姿勢に不満を覚えていた。そこで、自らの技術を持って、ダイムラー・ベンツのレーシングマシンでレースに参戦し勝利する、という目標を持ち、AMGを立ち上げたのだ。

その後1971年にはスパ・フランコルシャン24時間レースで優勝したり、DTMでは1986年の参戦以来160の勝利を重ねるなど、大きな実績を挙げている。

それらの活動に加えて、AMGはメルセデスの市販モデルをベースとしたコンプリートカー製作やチューニングパーツのデリバリーもおこなってきた。

チューニングのキモとなるエンジンは、メルセデス製をベースとしながらも排気量アップや、ものによってはブロックの製作、シリンダーヘッドの開発などもおこなうことで大幅なパワーアップを実現。その開発力の高さは、いまも参戦を続けているF1パワーユニット開発にも活かされている。

メルセデス・ベンツ560SLE AMG 6.0

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS