クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • ゴスロリ女子の「スイフトスポーツ」は全日本ラリー参戦中!「兼松由奈」選手のお気に入りはOZ「スーパーツーリズモWRC」ホイールです
SPORT
share:
ゴスロリ女子の「スイフトスポーツ」は全日本ラリー参戦中!「兼松由奈」選手のお気に入りはOZ「スーパーツーリズモWRC」ホイールです

ゴスロリ女子の「スイフトスポーツ」は全日本ラリー参戦中!「兼松由奈」選手のお気に入りはOZ「スーパーツーリズモWRC」ホイールです

投稿日:

TEXT: 西川昇吾(NISHIKAWA Shogo)  PHOTO: AMW 竹内耕太

現役女性ラリードライバーの趣味はゴスロリファッション

2023年9月3日、アネスト岩田ターンパイク箱根でOZのホイールを愛用するオーナーたちが集まるイベント「OZ Fan Meeting 2023」が開催され、実戦をOZホイールとともに戦うラリーマシンも展示されていた。ラリー仕様のスズキ「スイフトスポーツ」の横には、ゴスロリファッションに身を包む女性の姿が。なんとこの女性はスイフトスポーツをドライブして全日本ラリーに挑戦している、兼松由奈選手その人なのだ。

2023シーズンはJN4クラスにステップアップして挑戦

2018年に女性ドライバー限定のL1ラリーでラリーデビューした兼松選手。2019年には中部地区ラリー、2020年には全日本ラリーのJN6クラスへと参戦し、ラリードライバーとしてステップアップしてきた。また、並行してサーキットでの競技にも参戦しており、2021年から富士スピードウェイで開催されている女性だけのモータースポーツ「KYOJO CUP」にも挑戦している。

そんな兼松選手はより速いクラスへとステップアップを狙い、2023年はスイフトスポーツが主力となっているJN4クラスへの挑戦を決意し、このスイフトスポーツを購入。コドライバーの槻島もも選手とコンビを組み、女性コンビで全日本ラリーJN4クラスに挑戦している。

自分でデザインできるのはプライベーターならではの嬉しさ

これまでは、すでにラリーに参戦していて体制の出来ているチームからの参戦であったが、2023シーズンはプライベーターとしての参戦。自身で車両を準備しスポンサー活動やメカニックの手配なども行ったため、想像以上の苦労だったそうだ。しかし、自身で準備できるからこその楽しさもあったとのこと。そのひとつがカラーリングを自由にデザインできることだ。

ラリーマシンとして「カッコよくてカワイイ」を目指したカラーリングは兼松選手がメインでデザインしたもの。ボンネットとトランクには自身が好きなゴスロリファッションで多く用いられている赤のタータンチェックが描かれていて、サイドにはフリルもデザインされている。兼松選手の好きなものが散りばめられたカラーリングだ。

またロッソモデロ製のマフラーにはレーザーでカワイイひらがなフォントとヒヨコが描かれている。全体的にはカッコよさを重視しつつも、随所に女子力あふれた可愛さが差し込まれているのだ。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS