クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 79歳で木製フェラーリ1/6モデルを作り続ける理由とは? 定年後の活動をきっかけに「328GTS」の実車も手に入れました
LIFE
share:

79歳で木製フェラーリ1/6モデルを作り続ける理由とは? 定年後の活動をきっかけに「328GTS」の実車も手に入れました

投稿日:

TEXT: 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)  PHOTO: 高桑秀典

大きな1/6スケールのモデルカーを1年に2台ペース、すでに約40台制作

現在79歳の山田健二さんは木製モデラー。1年に2台のペースで日夜コツコツ造っているのは、軽くて加工しやすいにもかかわらず強度があるバルサ材をマテリアルとしたフェラーリの模型だ。群馬県の高崎シティギャラリーで開催された個展「フェラーリ 木製モデラー 山田健二の世界」を訪ねてお話を伺ってきた。

70年代、スーパーカーショーを開催する側としてフェラーリに触れた

山田さんのフェラーリ模型は、美しい外観のみならず、インテリアやエンジンにタイヤなどもすべてバルサ材で精巧に制作してあり、塗装してしまうと木製だと分からなくなるほどのハイクオリティぶり。そのため個展では塗装前の段階を見てもらうための無塗装ボディ、無塗装エンジンなども展示していた。

「なにしろエンツォ・フェラーリという気概のある男の生き様に共鳴してしまったんですよ。1898年に生まれたエンツォは1947年にフェラーリ社を設立したので、50歳ぐらいの年齢で起業したわけです。その後、F1に参戦し、1988年に90歳で亡くなりましたが、その後もスクーデリア・フェラーリは休むことなくずっとF1にエントリーしています。そういう熱きストーリーに憧れてしまいました」

フェラーリのことを好きになったのは1970年代中ごろのスーパーカーブーム全盛の頃で、当時勤務していたデパートの催事でスーパーカーショーを開催することになり、赤いフェラーリ「308GTB」と黄色のランボルギーニ「カウンタックLP400」を手配。展示ブースに飾ってみたら、猛牛ではなく跳ね馬の方の美しさや迫力あるサウンドに心底魅せられてしまったのだという。ちなみに、このスーパーカーショーは勢い余って計4回実施したらしいが、最後はブームが終焉してからの開催だったこともあり、大失敗だったそうだ。

仕事をリタイアする前から制作活動の準備を進めていた

そのような催事をきっかけとして、50年近く前にフェラーリに感化された山田さんだが、木製モデラーになったのはもっと後年のことで、デパートの後に勤めた広告代理店にて定年退職を円満に迎えてからのことだった。年齢を記すと61歳のときだ。

「小さい頃から工作や絵を描くのが得意で、よくやっていました。まだプラスチックが一般化していない頃なので、木を削ってソリッドモデルを作るという時代でしたね。飛行機を作ることが多かったです。当時はボール紙を加工したり、いろいろやっていました。中高生のときは鉄道模型にハマっていましたね。社会人になって308GTBに触れたことで、すっかり跳ね馬好きになってしまい、それからはフェラーリを題材としたタミヤ、フジミ、ハセガワのプラモデルを作るようになり、売っている商品は全部網羅しました。でも、なんか味気なくって、その後、帆船模型を作るようになりました。帆船は娘3人のために気合いを入れて作ったりもしましたが、誰ひとりもらってくれなかったので、いまでも家にあります」

「そういうことを経て、バルサ材でフェラーリの模型を作るようになったのは仕事をリタイアしてからで、エンツォに憧れるようになってから25年も経ってからのことでした。61歳になってから突然“マテリアルはバルサ材だな”と思ったのではなく、定年退職する前から“木で作ろう、バルサ材を使おう”と思っていました。いきなりではなく、準備していたわけです」

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS