クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • スーパーカーの代名詞フェラーリ「512BB」の不動車が2.2億円! 高額の理由はル・マンに出場したコンペティツィオーネだからでした
CLASSIC
share:
スーパーカーの代名詞フェラーリ「512BB」の不動車が2.2億円! 高額の理由はル・マンに出場したコンペティツィオーネだからでした

スーパーカーの代名詞フェラーリ「512BB」の不動車が2.2億円! 高額の理由はル・マンに出場したコンペティツィオーネだからでした

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

1978年ル・マンに出走した際のオリジナルカラーリング

さる2023年8月17〜19日、「モントレー・カーウィーク」の一環としてRMサザビーズ北米本社がカリフォルニア州モントレー市内で開催した「Monterey 2023」オークションでは、バーンファインドされたクラシックフェラーリによる特別企画「Lost & Found Collection」が話題を呼んだのは記憶に新しい。このコレクションの多くは、かつてル・マンやミッレ・ミリア、タルガ・フローリオなどで活躍したヒストリーを持つ珠玉のクラシックレーサーが占めていたのだが、今回はその中からル・マンを闘ったBB、「512BBコンペティツィオーネ」をご紹介しよう。

6年ぶりに耐久レースへ復帰したフェラーリの切り札とは?

日本の子供たちを沸かせたスーパーカーブーム時代。ランボルギーニ「カウンタック」と並ぶ二大巨頭だったフェラーリ「ベルリネッタ・ボクサー(BB)」だが、昨今の国際クラシックカー・マーケットでは、かつての好敵手カウンタックの相場価格が急騰から高止まり状態にあるのに対して、フェラーリBB、とくに「512BB」と「512BBi」は、かなりリーズナブルとなっている。

しかし宿敵カウンタックにはなくて、BBだけに存在するものがある。それはル・マンなどの世界選手権を闘ったレースヒストリーを持つレーシングモデルである。

1976年までにフェラーリは、当時のフラッグシップだった12気筒ミッドシップモデル「365GT4/BB」をさらに発展。排気量を4942ccまで拡大し、モータースポーツにも好適な新しいドライサンプ潤滑システムを採用した512BBを開発していた。

この新たに改良されたモデルの登場にともない、フェラーリ首脳陣は1972年シーズをもって途絶えていたスポーツカー耐久レースへの復帰の可能性を検討し始め、1978年初頭にはこの企画はかなり具体的なものとなってゆく。

そこで1978年のル・マン24時間レースに向けて、3台の512BBシャシーが北米「IMSA」選手権レギュレーションに適合するよう特別に改造され、ファクトリーの全面的なサポートのもとモデナで製作されることになる。ここで、フェラーリ技術陣によってさまざまな軽量化対策が施された結果、車両重量は1100kgに抑えられたいっぽう、5Lの180度V12エンジンは460psにパワーアップされた。

ピニンファリーナがデザインした量産型512BBのボディには、プレクシガラス製ウインドウが装着され、大型のチンスポイラーとフェラーリの312型F1カーに由来する大型リアウイングも追加された。

フェラーリ「512BB コンペティツィオーネ」

これらの512BBコンペティツィオーネのうち2台は、フランスにおけるフェラーリ販売総代理店の「シャルル・ポッツィ」がIMSA GTXクラスに参戦するためにエントリーした。もう1台、今回のオークションに出品されたシャシーナンバー#24131は、ルイジ・キネッティ率いる「ノース・アメリカン・レーシング・チーム(NART)」がレースナンバー#87としてエントリー。ジャン=ピエール・ドローネ/ジャック・ゲラン/グレッグ・ヤング組のチームがドライブすることになる。

サルト・サーキットで行われた公式テストデイでは、同じフェラーリのデイトナGr.4コンペティツィオーネのラップタイムを大幅に更新しただけでなく、オーバーステアが懸念されたカーブも、比較的難なくこなしていたといわれる。

こうして迎えたル・マン24時間レースにて、シャシーナンバー#24131はスターティンググリッド36番手に留まったが、時間が経つにつれて順位を上げ、日曜日の朝にはクラス優勝を目前にしていた。ところが残念なことに、ノーマルのギアボックスはコンペティション用にチューンされたエンジンのトルクには勝てず、レース終盤には総合11位/クラス2位まで順位を上げたところでミッショントラブルに見舞われ、232周を走破した段階でル・マンを去ることを余儀なくされてしまったのだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS