クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 役所広司演じる平山がダイハツ「ハイゼットカーゴ」の2世代前モデルを選ぶ理由とは? 映画『PERFECT DAYS』の裏テーマは「カセットテープ」!?
LIFE
share:

役所広司演じる平山がダイハツ「ハイゼットカーゴ」の2世代前モデルを選ぶ理由とは? 映画『PERFECT DAYS』の裏テーマは「カセットテープ」!?

投稿日:

TEXT: AMW こけし  PHOTO: MASTER MIND Ltd./ダイハツ工業/AMW編集部

  • 劇中車と同世代の9代目ダイハツ ハイゼットカーゴ(1999~2004年)
  • 現行型のハイゼットカーゴは11代目となる
  • 墨田区の古アパートでシンプルなひとり暮らしをしている。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • 姪のニコ(中野有紗/左)の名前もルー・リードの関連に由来。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • 東京のさまざまな表情を描く。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • 石川さゆり演じるスナックのママ。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • 三浦友和もとある役回りで登場する。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • 映画『PERFECT DAYS』の主人公はトイレ清掃員の平山(役所広司/左)。(C)2023 MASTER MIND Ltd.
  • ヴィム・ヴェンダースのフォトグラファーとしての写真集、『Places, Strange and Quiet』(2011年、日本未発売)
  • ルー・リードのアルバム(左)と、劇中の姪の名前の由来になったデビューアルバム『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』
  • 「THE TOKYO TOILET」という公共トイレプロジェクトとコラボした映画
  • ハイゼットカーゴに乗る同僚のタカシ(柄本時生/左)とその彼女のアヤ(アオイヤマダ/右)、後席に主人公の平山(役所広司/中央)。(C)2023 MASTER MIND Ltd.

ヴィム・ヴェンダース監督×役所広司主演でカンヌ主演男優賞を獲得

こんにちは。AMW編集部の見習いのこけしです。生まれは宮城県の鳴子温泉、名前はまだありません。ちょっと映画好きです。ところで2023年末から全国で上映中の『PERFECT DAYS』はドイツの名匠ヴィム・ヴェンダース監督が東京で撮影した日独合作映画で、主演の役所広司が第76回カンヌ国際映画祭で男優賞を受賞したことでも話題です。公共トイレの清掃員である主人公の相棒は軽自動車のバンですが、いったいどんなクルマなのでしょうか。

日本好きなヴェンダース監督が描く光と影の豊かさ

ヴィム・ヴェンダースというと『パリ、テキサス』(1984年)や『ベルリン・天使の詩』(1987年)がとくに有名な映画監督ですが、大の日本好きとしても知られています。わけても小津安二郎監督を深く敬愛し、その足跡を追ったドキュメンタリー映画『東京画』(1985年)を撮っているほど。実際、今回の『PERFECT DAYS』で役所広司が演じる主人公の名前「平山」は、小津作品の『東京物語』(1983年)などに出てくる名前にあやかったものだったりします。

また、ヴェンダースはライカのカメラを持って世界各地で写真を撮るフォトグラファーとしての顔も持っていて、頻繁に日本を訪れています。2006年には東京で写真展「尾道への旅」が開催されていますし、2011年に刊行された写真集『Places, Strange and Quiet』(日本未発売)では30年にわたり世界各地を旅してきた風景写真の中から、尾道や直島、そして3.11後の福島で撮影した写真も収録されています。

今回の『PERFECT DAYS』は役所広司演じる無口なトイレ清掃員の平山が、毎日淡々と都内の公共トイレを清掃するルーティンを描いていく映画となっています。それだけ聞くと変化にとぼしくて退屈な内容では? と思ってしまいがちですが、そこは光と陰影の表現にかけてはずば抜けて繊細な感性とテクニックをもつヴェンダース。

空、木々、東京スカイツリー、古アパート、モダンなトイレ、あらゆるシーンの光や影、あるいはガラスへの写り込みまで、すべてが変化に満ちていて表情ゆたか。それらを見つめる平山のまなざしからは、シンプルな暮らしの中で深く満ち足りていることが窺われます。

こけしも約2時間ダレることなく上映が終わって映画館の外に出ると、いつも見慣れたはずの風景や影のカタチがなんだか新鮮に見えてきました。世界の見え方をちょっと変えてくれるといった意味で、まさしく良質なアート映画です。

東京という都市と公共トイレをめぐるロードムービー

この映画に登場するトイレはどれも個性的なデザインのものばかりなのですが、これらは「THE TOKYO TOILET」というプロジェクトによって生み出された実在するトイレ。安藤忠雄や佐藤可士和、隈 研吾などなど16組のアーティストがデザインした新時代の公共トイレで、渋谷区内17カ所につくられました。「聖地巡礼」に行くのも面白そうですね(もちろんマナーを守って)。そうそう、劇中で平山が着ているツナギも、このTHE TOKYO TOILETプロジェクトでNIGOがデザインしたユニフォームなんだそうです。

東京スカイツリーの見える墨田区の古アパートでひとり暮らししている主人公の平山は、朝起きたら歯みがきをして小鉢の植物に水をあげてツナギに着替えて、アパートの前の自販機で缶コーヒーを買ってから、愛車のダイハツ「ハイゼットカーゴ」に乗って掃除に出かけます。ハイゼットカーゴで首都高を走り、渋谷の街並みや、下北沢までも足をのばしていて、ちょっとしたロードムービーの趣きを味わえるのも『PERFECT DAYS』の良いところのひとつです。

ちなみに劇中で、同僚の若者タカシ(柄本時生)とその彼女のアヤ(アオイヤマダ)がハイゼットカーゴの前席に乗って、後ろに平山が座ってドライブしながらワチャワチャするシーンがあります。その構図と空気感に、山田洋次監督『幸福の黄色いハンカチ』(1977年)を思い出してしまいました。この日本のロードムービーの名作についてヴェンダースが言及したことはおそらくないと思うのですが、たぶん意識してるんじゃないかな~と、こけしは思います。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS