クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • BMW「325iツーリング」にM3エンジンを換装! 最強のファミリー超特急は「M3の感触を味わいたくなったから」
CLASSIC
share:

BMW「325iツーリング」にM3エンジンを換装! 最強のファミリー超特急は「M3の感触を味わいたくなったから」

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 長尾 循(NAGAO Jun)

  • 1991年式のBMW 325iツーリング
  • 社会人になってBMW 318iの4ドアを入手したことがBMWを好きになったきっかけだという
  • 広々としたラゲージ・ルーム
  • ホイールはACシュニッツァーを装着
  • M3の2.3L DOHC直4エンジンに換装
  • BMW 325iツーリングのバッテリー
  • 走行距離は18万5000キロをオーバー
  • BMW 325iツーリングのシフトノブ
  • 当時の衣装で参加したオーナーのツカボンさん
  • 30ミーティングに集まったメンバー
  • 1991年式のBMW 325iツーリング
  • 数年前、M3エンジンに換装に踏み切ったという
  • オーナーのツカボンさんと愛車のBMW 325iツーリング

E30系を中心に約20台のBWWが集合

1980年代ファッションで同年代のBWWオーナーたちの集まるオフ会が「30ミーティング」です。2023年12月30日に高速道路のパーキングエリアで開催され、E30系を中心に約20台のBWWが集合して楽しみました。会場から、気になったBMW「325iツーリング」とそのオーナーを紹介します。

フロントグリルにはM3のバッジ

「オフ会」なんて言葉があるくらいだから、いまや人々のコミュニケーションはオンラインのネット上がデフォルトとなっている場合も多い。30年ほど昔であれば、趣味のクルマに乗るオーナー同士が集まろうとすれば、まずは「行きつけのショップをハブに情報拡散」、「雑誌の読者欄などに告知を投稿する」、その上での「電話・ファックス・手紙」。さらには「同じクルマに乗っているオーナーに街中で声をかけてイベントやクラブに誘う」なんてことも当たり前だった。それがいまではインターネットの普及で、同好の士が気軽に集まれる機会も随分と増えたようだ。

今回、取材にお邪魔したのは「30ミーティング」という名のオフ会。基本的には1980年代BWWオーナーたちのミーティングで、その名称はもちろん当時の基幹車種E30系にちなんだもの。「毎月月末30日に都合のつく参加者が集合」というだけで、とくに厳密な参加規約などはない、気心知れた仲間内のミーティングである。

ただ、12月だけは特別に、「車両に合わせて1980年代のファッションで参加すること(強制ではない)」というレギュレーションがあり、参加者によってはかなり当時風の出で立ちで現れたりもする。そんな肩ひじ張らないミーティングが気軽に行えることは、ネットの普及がもたらしたメリットのひとつと言えよう。

この年最後のミーティング集合場所となった高速道路のパーキングエリアには、集合時間に設定された朝9時を待たずに参加車両が続々と集まり始め、年末の慌ただしい時期にもかかわらずBWWとそのオーナーたちが集合した。あえてこの時代のBMWに乗り続けているオーナーたちだけに、集まったクルマたちにはそれぞれのこだわりが感じ取れる。参加者はあちこちで思い思いの談笑の輪。

そんな中、目に止まった1台がこの325iツーリングである。やや低めに身構えたスタンスに、フロントグリルにはM3のバッジ。これは単なるバッジチューニングではなさそうだと、オーナーの“ツカボン”さんにお話を伺ってみた。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS