クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 山岳スペシャル魔改造スズキ「スーパーキャリイ」関西初上陸! メーカーが禁断の切った貼ったのカスタム内容とは
CUSTOM
share:

山岳スペシャル魔改造スズキ「スーパーキャリイ」関西初上陸! メーカーが禁断の切った貼ったのカスタム内容とは

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: AMW

  • 大阪オートメッセ2024のスズキブース
  • スズキの「スーパーキャリイ マウンテントレイル」
  • ベースとなったのは切り替え式のパートタイム4WDやデフロックを備えたXグレードの5速MT車
  • 荷台後端を切り落として、デパーチャーアングルも稼ぐ
  • 走破性を高めるために40mmほどリフトアップ
  • ボディカラーは特別に調色したイエロー
  • Xリミテッドに装着されるブラックアウトされたヘッドライトと、専用デザインのフロントグリルを装着
  • バンパーはアプローチアングルを稼ぐために下側を大胆にカットオフしてガードパイプを設置しただけでなく、ウインチも備わる本格的なもの
  • 大胆にもドアを取り外してガードパイプに変更
  • エアコンはオミットされ、センターには大型のタブレットを装着
  • スーパーキャリイのビッグキャビンを生かしてリクライニングタイプのバケットシートを装着
  • 外観ではフロントガラス以外のウインドウガラスを外してメッシュパネルに置き換えた
  • 純正よりも大径のオフロードタイヤを組み合わせる
  • 純正よりも大径のオフロードタイヤを組み合わせる
  • 走破性を高めるために40mmほどリフトアップ
  • 荷台後端を切り落として、デパーチャーアングルも稼ぐ
  • バー部分には大型ジャッキとスコップ、スペアタイヤを装着して万が一に備える
  • 走破性を高めるために40mmほどリフトアップ
  • ボディカラーは特別に調色したイエロー

スーパーキャリイ マウンテントレイルが関西初上陸

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」。スズキのブースでひと際注目を集めていた1台が「スーパーキャリイ マウンテントレイル」と名付けられたモデルです。そのカスタムの詳細をお伝えします。

ジムニーにも負けないオフロードマシン!

「スーパーキャリイ」とは軽トラックの「キャリイ」をベースにリクライニングも可能なハイルーフかつビッグなキャビンを備えたモデルで、仕事の相棒としてはもちろん趣味のクルマとしても選ばれることが増えているモデルだ。

そんなスーパーキャリイをベースに、マウンテントレイル、つまり山登りを楽しむユーザーに向けて作られたコンセプトカーがこの車両で、ゴツゴツした岩場の路面が多い山道でも軽々と走破できるようにカスタマイズされている。

ベースとなったのは切り替え式のパートタイム4WDやデフロックを備えたXグレードの5速MT車で、走破性を高めるために40mmほどリフトアップ。さらに純正よりも大径のオフロードタイヤを組み合わせることで、同社のジムニーにも負けないオフロードマシンとしているのだ。

外観ではフロントガラス以外のウインドウガラスを外してメッシュパネルに置き換えたほか、大胆にもドアを取り外してガードパイプに変更。それに伴って不要(というか効果が望めない)エアコンはオミットされ、センターには大型のタブレットを装着。

そして本来ナビやオーディオが備わる部分にはキルスイッチや球形のコンパスを埋め込んでスパルタンな雰囲気を形成している。

車検取得を度外視したショーモデル

フロントまわりではXリミテッドに装着されるブラックアウトされたヘッドライトと、専用デザインのフロントグリルを装着。バンパーはアプローチアングルを稼ぐために下側を大胆にカットオフしてガードパイプを設置しただけでなく、ウインチも備わる本格的なものとなっている。

シートはスーパーキャリイのビッグキャビンを生かしてリクライニングタイプのバケットシートを装着し、荒れた路面を走行する際も乗員をしっかりとホールド。ステアリングも形状こそ純正を踏襲しているものの、「SUZUKI」ロゴが入れられ、グリップが巻かれるなどワイルドな仕上がりとなっているのもポイントだ。

荷台部分はアオリをすべて外してフロントからつながるアウターロールケージを装着。バー部分には大型ジャッキとスコップ、スペアタイヤを装着して万が一に備えるだけでなく、なんと荷台後端を切り落として、デパーチャーアングルも稼ぐという本格的なカスタマイズが施されていた。

さすがにこの車両は車検取得を度外視したショーモデルとなってはいるが、個々のカスタマイズはオーナーであればマネしたくなる部分も多く、キャリイやスーパーキャリイをカスタムベースとして検討している人にとってはマストでチェックしておきたい1台に仕上がっている。

すべて表示


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS