クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは
CAR
share:
アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは

アストンマーティン新型「ヴァンテージ」は665馬力2690万円から!「One-77」からインスピレーションを得た最新モデルとは

投稿日:

TEXT: 山崎元裕(YAMAZAKI Motohiro)  PHOTO: Aston Martin

  • 新型ヴァンテージは、もちろんアストンマーティン史上最速を誇る
  • 新型ヴァンテージはアストンマーティンがすでに長い伝統とする押し出し接着法によるアルミニウム製のボディー構造、そして複合素材パネルによるボディを採用
  • フルモデルチェンジを受け、新型ヴァンテージはハンドメイドされた4LのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する
  • ドライバーのフィーリングを高ぶらせるハイセンスなセンターコンソール
  • 最先端ながら伝統を受け継ぐ設えのインテリア
  • アナログ表示されるメーターはクラシカルな印象を与える
  • マトリクスLEDランプを採用
  • スポーティなミラーを装備。複合素材パネルによるボディーを採用したことで1605kgの乾燥重量を実現
  • タイヤはヴァンテージ専用の「ミシュラン・パイロット・スポーツ・S5 AML」でサイズは前275/35ZR21、後325/30ZR21を設定
  • シャープでドライバーの感情に訴えかけるエンジンから
  • アストンマーティン APAC リージョナルプレジデント グレゴリー・アダムス氏
  • アストンマーティン APAC リージョナルプレジデント グレゴリー・アダムス氏
  • 新型ヴァンテージはリアセクションもじつにスポーティな仕上がりを見せている
  • ハンドメイドされた4LのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載
  • 最高出力と最大トルクは、665ps、800Nmというスペックを誇る
  • グリルの開口面積は38%も拡大されており、エアフローは最大で29%も増加している

フルモデルチェンジしたヴァンテージ

「ヴァンテージ」がアストンマーティン史上最速を誇るロードゴーイングモデルとしてフルモデルチェンジしました。イギリス本国での発表会の翌日、2024年2月13日に東京で開催されたジャパン・プレミアで明らかにされた新型ヴァンテージの詳細をお伝えします。

アストンマーティン史上最速を誇る

1950年に誕生したアストンマーティン「DB2」の高性能バージョンとして、2.6Lの直列6気筒エンジンを125psの最高出力で搭載した「ヴァンテージ」が追加設定されたのは、翌1951年のことだった。その後もヴァンテージの称号はアストンマーティンにとって特別なものであり続け、1961年にデビューした「DB4」のシリーズ4には、最高出力が266psという3.7Lの直列6気筒エンジンがオプション設定されるとともに、「DB4ヴァンテージ」と呼ばれ、また1964年にはDB5に314psの4Lエンジンを搭載した「DB5ヴァンテージ」も登場。その伝統は「DB6」、そして「V8ヴァンテージ」などに受け継がれていった。

フルモデルチェンジを受け、ハンドメイドされた4LのV型8気筒ツインターボエンジンを搭載する新型ヴァンテージは、もちろんアストンマーティン史上最速を誇るロードゴーイングモデルだ。ターボの大型化やカムプロファイルの変更などにより、前作からさらに得たエクストラは155psと115Nm。じっさいの最高出力と最大トルクは、665ps/800Nmというスペックを誇ると同時に、これまで以上にシャープでドライバーの感情に訴えかけるサウンドを奏でる、特徴あるエンジンに仕上げられているという。エンジンの冷却システムも再設計され、さらにその冷却効率が高まっている点にも注目したい。

組み合わされるトランスミッションは前作と同様に8速ATのままだが、最終減速比をショート化(3.083)したことと、シフト制御を見直したことで、その加速力はさらにダイナミックなものに進化しているという。参考までに、0-100km/h加速は3.5秒。8速ATはデファレンシャルとともにリアにレイアウトされるトランスアクスル方式を採用しているため、前後の重量配分は50:50と理想的な比率を得ることが可能になった。アストンマーティンがすでに長い伝統とする押し出し接着法によるアルミニウム製のボディ構造、そして複合素材パネルによるボディを採用したことで1605kgの乾燥重量を実現したことも、この運動性能を可能にした大きな理由といえる。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS