クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • トヨタ「2000GT」を3台もガレージに!? 幼い頃から憧れ続けてきた名車を手に入れ「世界遺産を預かっている気分です」
CLASSIC
share:

トヨタ「2000GT」を3台もガレージに!? 幼い頃から憧れ続けてきた名車を手に入れ「世界遺産を預かっている気分です」

投稿日:

TEXT: 西川 淳(NISHIKAWA Jun)  PHOTO: タナカヒデヒロ(TANAKA Hidehiro)

  • 1967年に登場したトヨタ 2000GTの前期型
  • ウッドを贅沢に用いた前期型2000GTのインテリア
  • 前期型2000GTはリクライニング可能なバケットシートが備わる
  • 前期型2000GTは最高出力150ps/最大トルク18kg-mの2L直6エンジンを搭載
  • 1969年8月のマイナーチェンジで登場した後期型2000GT。フロントマスクやウインカーランプ、サイドのリフレクターなどが変更されている
  • 後期型2000GTのインテリア。デザイン変更が行われている
  • 後期型2000GTのシートにはヘッドレストが備わる
  • 後期型2000GTのエンジン。ちなみに後期型にはAT(トヨグライド)が設定されていた
  • R3000GTはウッドのインパネやステアリング、オリジナルタイプの7連メーターなどが備わる
  • エアコンなどの快適装備も備わっているR3000GT
  • トヨタ製の3リッター直6エンジン「2JZ」を搭載
  • 名車を現代の技術で再現した、トヨタ 2000GT スーパーレプリカのR3000GT
  • ガレージに並んだ3台の2000GT
  • 2000GTの前期型(左)と後期型(右)。リトラクタブルヘッドライトを装備する

誰もが羨むガレージライフ

クルマ好きにとっての一番の夢とは、小さい頃に憧れた名車を大人になって手に入れること。そんな夢を叶え、トヨタ「2000GT」を2台も自らのガレージに並べることができたオーナー。その運命的な出会いのストーリーとはいったいどのようなものだったのでしょうか。

憧れ続けてきた 2000GT

クルマ好きにとって、一番の夢は何か。小さい頃に憧れた名車を大人になって手に入れること、に尽きると思う。

私も小さい頃からクルマ(というかミニカー)が好きだった。幼稚園の頃には叔父が乗っていた日産「サニークーペ」やトヨタ「セリカ」に憧れた。そのうち世界にはいろんなクルマがあると知って、夢の数が爆発的に増えた。とどめは小学生の頃のスーパーカーブーム。ランボルギーニ「カウンタック」とフェラーリ「512BB」(ベルリネッタ・ボクサー)が心の奥深くに降臨した。

のちに2台とも手に入れて倉庫に並べたとき、夢が叶ったと心の底から神様に感謝した。以来、“夢のつづき”を多少の余裕をもって(言い換えるとちょっとつまらない感じで)、楽しむことができている。

スーパーカーブーム世代のHさんもまた、小さい頃からトヨタ 2000GTに憧れ続けてきた。子供の頃には2000GTの絵ばかり描いていたし、漫画『サーキットの狼』で2000GTを駆っていた隼人ピーターソンを憎らしく思っていた。だからだろうか、前期型が好きだった。

もっとも、夢の実現には時間がかかる(だから夢なのだ)。Hさんもまさか自分が2000GTのオーナーになれるとはつゆほども思っていなかった。地元の高校を卒業後、東京へ出てサラリーマンとなった。ある日、近所のディーラーに雨晒しで置いてあった2000GTを見かけた。値札は800万円だった。多少のプレミアはついていたとはいえその頃はまだ古いスポーツカーの範疇にあったのだ。800万円でも当時のHさんには手が出なかったし、畏れ多くて買おうとも思わなかった。

“良いクルマ”は思いの強い人の元へ

それから30年の月日が経った。地元に戻ったHさんはクルマ好きではあったので、まかなえる範囲でいろんなモデルを嗜んではいた。けれども夢の2000GTはというとあっという間に高嶺の花となってしまっていた。もうクルマ屋で見かけて買うような代物でもなくなっていた。ほとんど諦めかけていたとき、愛知県によくできたレプリカがあると知った。ロッキーオートのR3000GTだ。それなら頑張れば買えるかも……。

2JZエンジンの載ったオートマチックを選んだ。普段使いしたかったからだ。大好きな前期型デザインというのもポイントだった。憧れのスタイルを手に入れたことで、Hさんは満足していた。ロッキーオートには本物の前期型もあったが、それはすでに売約済みだったし、3000GTを手に入れたことで良い意味での諦めもついて本物の存在はより手の届かない存在だと思うようになっていた。そんなとき……。

「後期型なら、もうすぐ入ってくるかも……」

Hさんは運命を感じた。諦めなどついていなかった。欲しい気持ちが以前にも増して燃え盛った。そしてこう確信する。3000GTを求めてこの店に導かれた理由は、本物に出会うためだったのだ、と。

八方手を尽くして購入資金を用意し、白い後期型を手に入れることに成功した。普段用に前期型フェイスのR3000GT、ガレージの隣には本物の後期型2000GT。クルマ好きであれば誰もが羨むガレージラインアップの完成である。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS