クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 最古のランボルギーニ量産車「350GT」の最初のオーナーは? 完璧にレストアされて現代に蘇りました
CLASSIC
share:

最古のランボルギーニ量産車「350GT」の最初のオーナーは? 完璧にレストアされて現代に蘇りました

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Automobili Lamborghini S.p.A.

  • ランボルギーニのクラシックカー部門によって完璧にレストアされた
  • V型12気筒を搭載する350GT
  • 1964年にドラマーのジャンピエロ・ジュスティに納車された
  • ランボルギーニが作った処女作だという歴史的な価値は高い
  • エンジンはフロント縦置きとなる
  • 350GTは135台のみ販売されたといわれている(諸説あり)
  • 現存するランボルギーニ最古の量産車となる
  • フロントシートが2つ、リアシートが中央に1つという2+1のコンフィギュレーションが特徴的
  • 赤いインテリアが象徴的
  • タイヤはピレリを装着する
  • 赤いインテリアが象徴的
  • 350GTは1964年3月にジュネーブモーターショーで発表された

歴史的物語と自動車会社のDNAを祝福

60年前の1964年、フェルッチオ・ランボルギーニによって量産された最初のモデルであるランボルギーニ「350GT」がジュネーブで発表されました。そして今回、ランボルギーニは生産車で2番目に古いシャシーナンバーを持つ350GTを最高の状態に蘇らせ、その歴史的物語とサンタアガタ・ボロネーゼの自動車会社のDNAを祝うために、思い出の地・ジュネーブに持ち込みました。その350GTには、どのような誕生秘話があるのでしょうか。

ジュネーブモーターショーに出展した350GT

最初のプロトタイプは、フランコ・スカリオーネが設計し、トリノのカロッツェリア・サルジョットで製造されたランボルギーニ「350GTV」として知られている。そのプロトタイプから派生した量産車が、1964年3月にジュネーブモーターショーで発表された350GTである。

ランボルギーニの歴史的物語は、1964年にジュネーブモーターショーに350GTを出展したことから始まる。シャシーとフレームは、当時まだ若く、現在では世界最高のシャシーメーカーと目されるエンジニア、ジャンパオロ・ダラーラの手によるもの。4つのオーバーヘッドカムシャフトを備えた3.5LのV12エンジンは、レースを想定していたエンジニア、ジョット・ビッザリーニによって設計され、ランボルギーニと世界中のGTカーの歴史における重要人物であるエンジニア、パオロ・スタンツァーニによって350GTに搭載された。そして、アルミ製ボディワークの設計と製造は、ミラノのカロッツェリア・トゥーリングによって行われた。

ランボルギーニが製造した最初の市販モデルはすぐにヒットし、当時ジュネーブにいた多くのメディアの注目を集めた。350GTのインテリアは、レザーとクロームメッキが多用された最高レベルのもので、フロントシートが2つ、リアシートが中央に1つという2+1のコンフィギュレーションが特徴的である。

V12エンジンはランボルギーニのDNAを象徴する重要なシンボル

デザインだけでなく、エンジニアリングにも目を見張るものがあった。ダブルウィッシュボーン式の4輪独立懸架サスペンションと320psというエンジンの組み合わせは当時は最先端の選択だった。このV12エンジンは、数カ月後、「400GT」で4L化され、この新しい構成でランボルギーニの成功の礎となる。その後40年間、同じジオメトリーがさまざまなポジションやバリエーションで使用され、ランボルギーニのDNAを象徴する重要なシンボルのひとつとなった。

実際、このエンジンは、400GT、「イスレロ」、「ハラマ」、「エスパーダ」、「LM002」ではフロント縦置き、「ミウラ」はリア横置きとなる。「カウンタック」と「ディアブロ」はリア縦置きで使われた。

350GTの1号車はリヴォルノ出身のドラマーである、ジャンピエロ・ジュスティに納車された。彼は、後にイタリアで最も重要なジャズアンサンブルのひとつとされる「Quartetto di Lucca」となるバンド「I 5 di Lucca」で絶頂期を迎えており、これをきっかけに、ランボルギーニとエンターテインメント界との密接な関係が始まり、多くの俳優やミュージシャンがランボルギーニの熱烈な顧客となった。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS