クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • 日本初! 明日、公道を使った「フォーミュラE」が開催!「東京E-Prix」を10倍楽しく観る方法は? 日産は2030年まで参戦継続を発表
SPORT
share:

日本初! 明日、公道を使った「フォーミュラE」が開催!「東京E-Prix」を10倍楽しく観る方法は? 日産は2030年まで参戦継続を発表

投稿日:

TEXT: CARトップ 鈴村朋己(SUZUMURA Tomoki)  PHOTO: NISSAN/AMW

  • 2030年までの継続参戦契約を記念に、フォーミュラEの最高責任者であるジェフ・ドッズ氏より、ヴォルペ氏にだるまが贈られた
  • 2030年までの継続参戦契約を記念に、フォーミュラEの最高責任者であるジェフ・ドッズ氏より、ヴォルペ氏にだるまが贈られた
  • 日産フォーミュラEチームゼネラルマネージャー兼マネージングダイレクターを務めるトマソ・ヴォルペ氏
  • 日産フォーミュラEチームドライバーのサッシャ・フェネストラズ選手(左)、ゼネラルマネージャー兼マネージングディレクターのトマソ・ヴォルペ氏(中央)、ドライバーのオリバー・ローランド選手(右)
  • 日産フォーミュラEチーム 22号車のドライバーを務める、オリバー・ローランド選手
  • 日産フォーミュラEチーム 23号車のドライバーを務める、サッシャ・フェネストラズ選手
  • 2023-2024シーズンは3戦が終了し、2戦で3位表彰台を獲得しているオリバー・ローランド選手
  • 日産フォーミュラEチームで、パワートレインエンジニアを務める西川直志氏
  • 日産は母国開催を前に2030年までの参戦継続を発表した
  • 日産フォーミュラEチームのドライバーを務める、サッシャ・フェネストラズ選手(左)とオリバー・ローランド選手(右)
  • 2030年までの長期参戦を発表した日産フォーミュラEチームのマシン「Nissan Formula E Gen 2」

電気自動車ならではの見どころは?

電動モータースポーツのパイオニアである「フォーミュラE」が2024年3月30日(土)に日本初開催となります。このフォーミュラEに日本メーカーとして唯一参戦している日産が、母国開催を目前に2030年までの長期参戦を発表しました。

日産は2030年まで参戦継続を発表

2018-2019年シーズンから電動モータースポーツのパイオニアである「フォーミュラE」に唯一日本メーカーとして参戦している日産が、母国開催を前に2030年までの参戦継続を発表した。フォーミュラEでは、2026-2027年のシーズン13から第4世代のマシンである「Gen4」が導入される予定。日産は現在参戦している既存のマニファクチャラーのなかで、初めて新世代マシンでの継続を発表した。

なおGen4マシンには現在のGen3よりいっそう最先端の技術が採用されるため、エネルギー効率が向上。回生量は最大700kW、最大出力は600kW(Gen3の最大出力は350kW)を達成する見込みとなっている。

日産フォーミュラEチームのゼネラルマネージャ兼マネージメントダイレクターのトマソ・ヴォルペ氏は、2030年までの参戦継続について、企業としての目標を達成するために、フォーミュラEが重要な存在であることをアピールした。

「長期ビジョンである“日産アンビション2030”の実現に向けて、2024年度から2030年までの間に合計34種類の電動化モデルを導入する予定です。グローバルなモデルミックスは2026年度に40%、2030年度に60%になる見込みです。フォーミュラEは電動化技術を開発していくうえで、非常に重要なプラットフォームなので、2030年までの参戦継続を発表する最初のメーカーになれたことを誇りに思っています」

今回の発表を記念して、FIAのシニアサーキットスポーツダイレクターであるマレク・ナワレツキ氏と、フォーミュラEの最高責任者であるジェフ・ドッズ氏がスペシャルゲストとして登場。ドッズ氏からヴォルペ氏に対して、長く健康で安全で、そして成功するパートナーシップになることを願って、だるまが贈呈された。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS