クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • えっ、もう増税!? スズキ「スイスポ」に日産「ジューク」など、まだまだ現役だと思っていた2024年に増税対象となるクルマとは
CLASSIC
share:

えっ、もう増税!? スズキ「スイスポ」に日産「ジューク」など、まだまだ現役だと思っていた2024年に増税対象となるクルマとは

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: AMW

  • トヨタ ヴィッツ(3代目 2010年12月登場)
  • トヨタ ヴィッツ(3代目 2010年12月登場)
  • 日産ジューク(2010年6月登場)
  • 日産ジューク(2010年6月登場)
  • 三菱 RVR(3代目 2010年2月登場)
  • 三菱 RVR(3代目 2010年2月登場)
  • ホンダ フィットシャトル(2011年6月登場)
  • スズキ スイフトスポーツ(3代目 2011年11月登場)
  • ホンダ フィットシャトル(2011年6月登場)
  • スズキ スイフトスポーツ(3代目 2011年11月登場)

普段見かけるクルマも増税対象になっている

毎年5月末を期限に支払う、自動車税。登録から13年が過ぎたモデルについてはグリーン化税制の名のもとにおおむね15%重課となってしまいます。今回は2024年から増税の対象となるモデルたちを紹介。いずれもまだまだ旧いクルマとは思えないものばかりです。

登録から13年経過で15%の重課

楽しい連休も開けて日常に戻っている人が多いタイミングに、畳みかけるようにやってくるのが自動車税の納税通知書だ。納税は国民の義務であることは重々承知しているものの、毎年この時期になると憂鬱な気持ちになる人も多いことだろう。

そんな自動車税はグリーン化税制の名のもとに、登録から13年が経過したガソリン車と11年が経過したディーゼル車にはおおむね15%の重課が課せられる。今回はそんな重課の対象となる可能性のある2010年から2011年に登場したクルマを振り返ってみたい。

日産ジューク(2010年6月登場)

日産の新たなコンパクトクロスオーバーSUVとして「ノート」や「キューブ」、「ティーダ」などが使用していたBプラットフォームを用いて作られた「ジューク」は、登場当時、そのあまりに個性的なデザインに賛否両論が巻き起こった1台だ。

そんなジュークはクロスオーバーSUVでありながら走りにも重きを置いたモデルとなっており、1.6Lターボエンジンを搭載したGT系や、2013年にはNISMOロードカー第1弾となるジュークNISMOも追加されるなど、ルックスに違わぬ個性を持ったモデルとして、2019年まで販売されるロングセラーとなった。

ホンダ フィットシャトル(2011年6月登場)

ホンダのコンパクトカーである「フィット」をベースに、車体後部を延長してステーションワゴンとしたのが「フィットシャトル」。シャトルといえば過去に「シビック」のステーションワゴン版に使われていた名前で、懐かしさを感じたユーザーもいたことだろう。

基本的なメカニズムはフィットと変わらないものとなっていたが、ステーションワゴンとなったことで搭載されるエンジンは1.5Lモデルのみとなった点や、3ペダルMTモデルが設定されなかった点などに違いがあった。

ポジション的には「エアウェイブ」の後継車種ということになり、エアウェイブに存在していたスカイルーフがフィットシャトルに採用されていたのも特徴だった。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS