クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 自作フォード「GT40」は原付カーだった! EVなのにホンダエンジンのサウンドが楽しめるギミックとは【マイクロカー図鑑】
CUSTOM
share:

自作フォード「GT40」は原付カーだった! EVなのにホンダエンジンのサウンドが楽しめるギミックとは【マイクロカー図鑑】

投稿日:

TEXT: 長尾 循(NAGAO Jun)  PHOTO: 近藤浩之(KONDO Hiroyuki)

  • 中村 清さんが自作した小さなフォード GT40は原付カー登録のEV
  • ガルフ・カラーは1968年、1969年と2年連続でル・マンを制覇したJWオートモーティヴ・エンジニアリングのマシンがまとっていたカラーリング
  • FRPのボディは、フランスのキッズカー・メーカー、Automobile S.C.A.F.社の5/8スケールのボディを参考に製作
  • タイヤサイズは10インチ
  • ヘッドライトまわりの再現度も高い
  • バレットタイプのミラーを装着し、キルスイッチも再現している
  • ナンバー「66」はこのマシンを製作したときのオーナーの年齢とのこと
  • フロントのエアスクープからは足元のペダルがのぞく
  • アクリル製のサイドウインドウも再現
  • リアのエアインレットも再現されている
  • FRPのボディは、フランスのキッズカー・メーカー、Automobile S.C.A.F.社の5/8スケールのボディを参考に製作
  • V8エンジンのファンネルを再現するなど演出に抜かりない
  • リアの2本出しマフラーも、もちろん飾り
  • FRPのボディを丸ごと持ち上げて乗り降りする
  • 右半身の不自由な中村さんに合わせて左足でペダル操作する仕様となっている
  • ステアリングにはフォードのエンブレム
  • コクピットのスイッチ類
  • 見ての通りの1人乗り仕様で、ナンバーも取得済み
  • EVではあるが音の演出のためエンジンを搭載している
  • リアの2本出しマフラーも、もちろん飾り
  • FRPのボディは、フランスのキッズカー・メーカー、Automobile S.C.A.F.社の5/8スケールのボディを参考に製作
  • 既成の電動バギーのパワートレインや足まわりなどのコンポーネンツを流用
  • 中村 清さんが自作した小さなフォード GT40は原付カー登録のEV

自分仕様の「GT40」は小さなEVマイクロカー

1923年に第1回大会が開催されて以来、幾多の熱い戦いが繰り広げられてきたル・マン24時間レース。その長い歴史の中でも、とくに印象深いレースのひとつとして語り継がれているのが1966年の第34回大会です。この年フォードが送り込んだ「GT40」が、それまでル・マンで絶対王者として君臨していたフェラーリを下して初の総合優勝。さらにその後、フォードは1969年までじつに4年連続でル・マン制覇を成し遂げました。そんなフォードGT40を小さな「原付カー」として再現してしまったマイクロカーを紹介します。

ガルフ・カラーのル・マン優勝車を再現

「実用的だが華は無い大衆車メーカー」といったそれまでのフォードの印象は、ミシガン州ディアボーンの本社の目論見通りル・マンでの連続優勝によって、若々しくスポーティなブランドイメージに刷新することに成功したといえよう。そして、その立役者となった「GT40」とその派生モデルの一族はフォードにとって、そしてわれわれクルマ好きにとって、忘れ得ぬアイコンとして記憶されたのである。

ちなみに2005年と2017年の2回にわたり、フォード自身が「セルフカバー」的にリリースした「フォードGT」は、もちろん1960年代のGT40がそのオリジンであることは言うまでもなかろう。

こちらでご紹介するのは、そんなフォードGT40をモチーフに製作された可愛らしい原付カー。薄い水色にオレンジのストライプが印象的な「ガルフ・カラー」は1968年、1969年と2年連続でル・マンを制覇したJWオートモーティヴ・エンジニアリングのマシンがまとっていたカラーリングだ。ちなみに1969年のル・マン優勝車のゼッケンナンバーは「6」だが、こちらの原付カーはオーナーがこのクルマを作った時の年齢の「66」となっている。

原付カー・フリークが自作してもちろんナンバー取得済み

「映画『フォードvsフェラーリ』を観て以来GT40が気になって、作っちゃったんですよ」

と語るのは、このクルマのオーナーである中村 清さん。すでにAMWで幾度かご紹介している「原付カー・フリーク」で、他にも多数の原付カーを所有している。20年ほど前の病気の後遺症で右半身が不自由だということを微塵も感じさせない、エネルギッシュなカー・ガイだ。

メーカーが量産する普通乗用車には法規的にも厳格なレギュレーションがあり、個人でクルマを「製造」するとなるとなかなかハードルは高いが、軽便な原付カーの場合はどうなのだろう。中村さんはこう教えてくれた。

「規定さえ満たしていれば、個人で製作したものでもナンバー取得はそれほど大変じゃないんですよ」

もちろんもともとプロのメカニックで、業界内にさまざまなクルマ作りのプロの人脈を持つ中村さんだからこそのセリフだろうが、自分自身で作ったクルマにナンバーをつけて公道をドライブするというのは、なかなか夢のある話だ。

12

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS