クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • BMWアルピナから新型「B3 GT」「B4 GT」が登場! スーパーカーに負けない動力性能に注目。最後のブッフローエ製のアルピナになるか!?
CAR
share:
BMWアルピナから新型「B3 GT」「B4 GT」が登場! スーパーカーに負けない動力性能に注目。最後のブッフローエ製のアルピナになるか!?

BMWアルピナから新型「B3 GT」「B4 GT」が登場! スーパーカーに負けない動力性能に注目。最後のブッフローエ製のアルピナになるか!?

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Nicole Racing Japan

  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:コンフォートプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:スポーツプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:アルマイト処理されたアルミニウム製のアルピナ・スウィッチ・トロニック・シフト・パドル
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたステアリング・ホイールのステッチ
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:個別のシリアル・ナンバーが記載された製造番号プレートがセンター・コンソールに取り付けられている
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:ダッシュパネルにはカーボンが使用されている
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:キッキングプレートには「GT」の文字が入る
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:インテリアはGTのカラースキームを踏襲している
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:3L直列6気筒ビ・ターボ・エンジンを搭載
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:ドーム・バルクヘッド・レインフォースメント・ストラット
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:エンジンコンパートメントバッジにも、シリアルナンバーが刻印される
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:GTのみに与えられたエクステリアデザイン
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:全長は4725mm
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:全高は1440mm
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:リアディフューザーはハイグロス仕上げとしている
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:ロゴ入りフロントスポイラー
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:GTのみに与えられたエクステリア
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:フロントバンパーのサイドには、小さなカナードとスプリッターが備わる
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:リアスポイラーが備わる
  • BMWアルピナ B3 GT リムジン:テールパイプもブラック仕上げになっている
  • BMWアルピナ B 3GTのリムジンとツーリング
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:全幅は1827mm
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ボディカラーはアルピナ・グリーン
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:全長は4725mm
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:全高は1438mm
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ツーリングはスタイリッシュさが増している
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:オロ・テクニコ仕上げのクラシックなアルピナ・デコ・セット
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:GTのみに与えられたエクステリア
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:フロントバンパーのサイドには、小さなカナードとスプリッターが備わる
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:スポークはダイヤモンド・カットが施されている
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ホイールには「B3 GT」のロゴが入る
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:フロントバンパーには「ALPINA」ロゴが入る
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:リアディフューザーはブラックのハイグロス仕上げになっている
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ラゲッジスペースは500‐1510Lを実現
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ラゲッジ容量は500‐1510L
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:コンフォートプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:スポーツプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:個別のシリアル・ナンバーが記載された製造番号プレートがセンター・コンソールに取り付けられている
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:アルマイト処理されたアルミニウム製のアルピナ・スウィッチ・トロニック・シフト・パドル
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:ダッシュパネルにはカーボンが使用されている
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたステアリング・ホイールのステッチ
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:キッキングプレートには「GT」の文字が入る
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたフロアマット
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:インテリアはGTのカラースキームを踏襲している
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:青ステッチが施されたリアシート
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:3L直列6気筒ビ・ターボ・エンジンを搭載
  • BMWアルピナ B3 GT  ツーリング:エンジンコンパートメントバッジにも、シリアルナンバーが刻印される
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:エンジンコンパートメントバッジにも、シリアルナンバーが刻印される
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:GTの名に恥じない走りを実現する
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:全幅は1850mm
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:専用のエクステリアパーツを装着している
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:全長は4800mm
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:全高は1440mm
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:リアディフューザーは、ブラックのハイグロス仕上げ
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:フロントバンパーにはロゴが入る
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:専用のエクステリアパーツを装着している
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:フロントバンパーの左右には小さなカナードとスプリッターが装着される
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:ホイールには「B4 GT」のロゴが入る
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:ダイヤモンド・カットが施されている
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:オロ・テクニコ仕上げのクラシックなアルピナ・デコ・セットも選択できる
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:オロ・テクニコ仕上げのクラシックなアルピナ・デコ・セット
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:ゴールドのエンブレムをあしらう
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:テールパイプはブラック仕上げになっている
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:コンフォートプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:スポーツプラスモードを選択時のメーター表示
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:センターコンソールにギア・セレクターを採用している
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:個別のシリアル・ナンバーが記載された製造番号プレートがセンター・コンソールに取り付けられている
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:アルマイト処理されたアルミニウム製のアルピナ・スウィッチ・トロニック・シフト・パドル
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:ダッシュパネルにはカーボンが使用されている
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたステアリング・ホイールのステッチ
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたフロアマット
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:キッキングプレートには「GT」の文字が入る
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:インテリアはGTのカラースキームを踏襲している
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:3L直列6気筒ビ・ターボ・エンジンを搭載
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:スポークはダイヤモンド・カットが施されている
  • BMWアルピナ B4 GT グランクーペ:全幅は1827mm

日本では2024年末に導入の見込み

ニコル・レーシング・ジャパンは2024年6月5日、アルピナの中核モデルである「B3 GT」、「B4 GT」を発表しました。アルピナがBMW傘下となり、従来のブッフローエ工場での生産体制は2025年まで継続するとアナウンスされている中でリリースされた今回のGTモデルは、ファンならずとも注目のモデルとなりそうです。

GTのみに与えられたエクステリア

BMWの「3シリーズ」をベースにした「B3 GT」と、BMW「4シリーズ」をベースにした「B4 GT」は、ドイツ・ブッフローエのファクトリーで伝統的なクラフツマンシップによって実現された特別なディテールが見どころだ。

例えば、フロントバンパーにある小さなカナードとスプリッター、それに圧倒的な存在感を強調するロゴ入りのフロントスポイラーは、新デザインのリアディフューザーと組み合わされることで、前後のエアロダイナミクスのバランスが高まった。

さらに、GTモデルのリアディフューザーは、ブラックのハイグロス仕上げとなっており、テールパイプもブラック仕上げになっているのが特徴だ。

また、アルピナ「B4」に装着されていたオリジナルの20インチ鍛造ホイールはホイール・ハブ・カバーに向かってスポークの立体感が強調されるデザインで、今回発表となったB3 GTに標準装備となった。スポーク部分にはダイヤモンド・カットが施されているほか、GT専用のデザインカラーのオロ・ テクニコで仕上げられている。リム部分には本モデル固有のGTのレタリングのシルバー色が控えめにあしらわれる。

ボディカラーは、アルピナ・ブルーとアルピナ・グリーンのほかに、オロ・テクニコも用意される。さらにオーダーメイドプログラムのBMW Individualでは、ソリッド・ペイント、ファッション・グレー、ブリュースター・グリーン、イモラ・レッドや、メタリック・ペイントのデイトナ・バイオレット、カーボン・ブラックが選択できる。

ちなみにエクステリアには、GTレタリングが施されたオロ・テクニコ仕上げのクラシックなアルピナ・デコ・セットも選択できるほか、フロントスポイラーのALPINAロゴも、同様にオロ・テクニコで仕上げることが可能だ。

センターコンソールにはシリアルナンバーが記載

インテリアに目を向けると、センターコンソールに個別のシリアルナンバーが記載された製造番号プレートが取り付けられるほか、エンジンコンパートメントバッジにも、シリアルナンバーが刻印される。これによりブッフローエの製品であることが証明されている。

なお、アルピナでは、BMW 3シリーズおよび4シリーズと異なり、センターコンソールにギア・セレクターを採用している。

さらに、アルピナ独自の最高級ラヴァリナ・レザーに手作業で仕上げられたステアリングのステッチのほかに、アルピナ・スウィッチ・トロニック・シフト・パドル、フロアマットとラゲッジコンパートメントマットのブラックレザーの縁取りのステッチにもオロ・テクニコが使用されている。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS