クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • BMWのE30「3シリーズ」を6連スロットル化! 同じくE34系アルピナ「B10」でも最高の気持ちよさでした
CLASSIC
share:

BMWのE30「3シリーズ」を6連スロットル化! 同じくE34系アルピナ「B10」でも最高の気持ちよさでした

投稿日:

TEXT: 塩見 誠(SHIOMI Makoto)  PHOTO: 横澤靖宏

  • 名取弘道さんの1989年式BMW 320i Mテクニック
  • フィアット500ツインエアからこの328i Mテクニックに乗り換えた
  • チューニングを考えはじめたのは、乗り換えてから
  • サスペンションはアクティブカーズのオリジナル車高調サスキット
  • ホイールは変換スペーサーを使ってフィアット500で履いていたクリムソンのディッシュをそのまま履いている
  • ATからMTへ換装ずみ
  • エンジンは排気量アップし、日産R35 GT-Rの部品を流用したダイレクトイグニッション化もしている
  • 6連スロットルを装備
  • 藤井恭志郎さんの1988年式BMW 320i
  • マットブルーのボディカラーは、フルラッピングで仕上げている
  • サスペンションはアクティブカーズのオリジナル車高調サスキットを装備
  • ヘッドライトはイカリング付きに交換
  • ステアリングはOMP製に交換されている
  • シートにレカロSRの日本30周年記念バージョンを装着
  • 6連スロットルを装備したエンジンだ。各40φのスロットルを制御しているのはLINK
  • 佐藤克俊さんの1990年式アルピナB10 3.5/1
  • E34の5シリーズをベースとしてつくられた
  • 現在では各部にアクティブカーズの手が入っている
  • ブレーキはフロントにブレンボF50キットを、リアにはWRX用キャリパーをセット
  • エンジンは6連スロットルの装備に加えて排気量アップ済み
  • パワーアップ、トルクアップに応じてクラッチはM5用に交換
  • ステアリングホイールはMOMO製
  • インテリアにはデフィのサブメーターをセットし、油圧や油温、水温を管理
  • シートはレカロA8としているが、これはより積極的に走りを楽しむため
  • 内装の一部がウッドでゴージャスなのは、540i純正の物入れが便利だということで装備したから
  • 1990年式アルピナB10 3.5/1と、オーナーの佐藤克俊さん
  • 藤井恭志郎さんの1988年式BMW 320iは6連スロットル化している
  • 1989年式BMW 320i Mテクニックと、オーナーの名取弘道さん

アクティブカーズで愛車のチューニングを楽しんでいるオーナーたち

山梨県甲府市にあるアクティブカーズは、日本全国から整備を受けるためにE30をはじめとするヤングタイマーなBMWが集まる、いわば駆け込み寺的存在だ。代表の小川氏はBMW正規ディーラーの工場長を務めていた経験があり、自身もE30 M3所有歴が長いので、オーナー目線で親身になってくれる。こうしたことから、一度整備を依頼した人は、車検整備のたびに甲府を訪れるリピーターとなるのである。今回はアクティブカーズのファンの中から、愛車を6連スロット化して気持ちよい吹け上がりを日々満喫しているBMW&アルピナオーナーを紹介しよう。

1989 BMW 320i Mテクニック/無理せずひとつずつステップアップ

フィアット500ツインエアに乗っていたころから、BMWオーナーの知人と一緒にアクティブカーズへ来ていた、という名取弘道さん。130iにも乗っていたことがあったそうだが、知り合いとなったこのクルマの元オーナーが手放すという話を聞き、ツインエアからこの320i Mテクニックに乗り換えることになった。

チューニングを考えはじめたのは、乗り換えてから。アクティブカーズにはいいお手本となる個体がたくさんあり、それを見てきたことから、もし自分が乗るならこうしたい、というぼんやりとした完成図を描いていたこともあって、実際に乗りはじめてからの進捗状況はスムーズだった。

現在の仕様は、ATからMTへの換装と、エンジンの排気量アップの実現、日産R35「GT-R」の部品を流用したダイレクトイグニッション化、6連スロットルの装備など。ホイールは変換スペーサーを使ってフィアット500で履いていたクリムソンのディッシュをそのまま履いている。サスペンションはアクティブカーズのオリジナル車高調サスキットだ。

今後は、エンジンのメカチューンを考えている。すでにクラッチやフライホイールは大パワー、大トルクに対応できるものを装備しているし、スロットルや点火系もグレードアップ済みのため、圧縮比アップやカム交換などをおこなえば、より気持ちのいい吹け上がりと鋭い走りを実現できる。無理をせずにひとつずつステップアップをしていくことで、長く愉しんでいこうというのが、名取さんのやり方だ。

1988 BMW 320i/6連スロットルをLINKで制御

マットブルーのボディカラーは、フルラッピングで仕上げている藤井恭志郎さんの320i。もっとも注目すべきは、6連スロットルを装備したエンジンだ。各40φのスロットルを制御しているのは、LINK。チャンネル数が多いことから、エアコンのオンオフによるアイドルアップなども含めて、チューニングエンジンながらごく普通に使うことができるようになっている。

そのほか、サスペンションはアクティブカーズのオリジナル車高調サスキットを装備し、ヘッドライトはイカリング付きに交換。インテリアはシートにレカロSRの日本30周年記念バージョンを、ステアリングはOMP製に交換されていた。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS