「インポート」の記事一覧 - 59ページ目

知る人ぞ知る!! 北米生まれのカーケアブランド『グリオズ・ガレージ』

環境や人体に優しい洗車グッズを豊富にラインアップする多くのメーカーからカーケアグッズがリリースされているが、なかには簡便性やケミカル効果を優先するあまり、実際には効果は少なく素材を傷めているケースがある。今回紹介する『G…

続きを読む...

樹脂パーツのくすみはコレで解消!自然なツヤで回復できる

少々、お値段は高いですが専用品だけあって耐久性もロング!ワイパーベースの樹脂部や、未塗装のプラスチック部などは、経年などによって劣化しちゃいます。なかでも、くすんだ感じになって白ボケしちゃてるケースがありますよね。この…

続きを読む...

「カスタム車=DQN」に見られないためのマナー講座

「イケないことはわかってるけど…」そんなオーナーさんは要注意です!DQNとは、軽率そうな者や実際にそうである者、粗暴そうな風貌や実際に粗暴な者、非常識な者を指す(一部省略・ウィキペディア調べ)。例えば、”おで...

続きを読む...

【知ってる?】ブレーキオイルの交換サイクルは”最長2年”毎

潤滑や洗浄などで消費はしないが時間とともに劣化するブレーキフルードエンジンオイルやミッション、デフのオイルの交換サイクルは気にしていても、意外にも見落とされているのが「ブレーキフルード(ブレーキオイル)」。潤滑や洗浄な…

続きを読む...

エンジンの燃焼室を洗浄すると調子が良くなるって本当?

定期的に行いたい内部洗浄は過走行なクルマほど効果的過走行車の場合、気になるのがエンジン内部の状態。今回は、吸気系浄化システム『RECS(レックス)』で、エンジンの吸気側の洗浄を行うことにした。添加方法は、専用の投入容器を...

続きを読む...

59 / 125«...102030...585960...708090...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...