「FOOT WORK>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【大阪オートメッセ2017】車高を極限まで下げる足まわりパーツ

走れるローダウンを信条にパーツを開発 ブレーキシステムもリリースする 極限までのローダウンを追求し、数々のサスペンションパーツをリリースする「Tディメンド」。 2月10〜12日に大阪市インテックスで開催された「大阪オート...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】イデアルが電磁弁を1/4サイズに小型化したエアサス発表

手回しでロング化できるナットなど ユーザーフレンドリーなアイテム満載 「イデアル」が2月10〜12日に大阪市インテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ」に出展。エアサスは自社開発&組付にこだわる同社は、その強みを...

続きを読む...

ディクセルが夢のカーボン製ブレーキを開発中【大阪オートメッセ2017】

重量級マシンを確実に止める制動力、 ビギナーでも扱えるコントロール性、バネ下重量の軽減… ブレーキに求める3つの性能を徹底追求 『ディクセル』がそんな夢のようなブレーキの開発をスタートさせた。 昨年末に初めてサーキットで...

続きを読む...

「シャコタン」に初挑戦!何を気をつける?

ただ下げるだけならダウンサス レベルアップするなら最初から車高調だ 何の対策もしないで低車高のまま走ると、確実に車体をダメにしてしまう。 そんな失敗をしないためにも、事前のセッティングが重要だ。 ひと言でシャコタン(車高...

続きを読む...

純正ブレーキに装着できる「ブレンボ製」パーツが登場!

ブレーキパッドやブレーキローターなど リプレイスパーツとしてブレンボを装着 モータースポーツで使われ、高級スポーツカーなどに純正採用されている信頼のブレーキメーカー『ブレンボ』。しかし、いざ装着しようとしてもキャリパーか.…

続きを読む...

「ボルドワールド」がサスペンションの価格を一斉値下げ

パーツ一つ一つから価格の見直しを行って 『ロープライス・ハイクオリティ』を目指す サスペンション系パーツといえば、必ず話題に上がるメーカーの一つが「ボルドワールド」だろう。 確実なローダウンを約束し、信頼性や乗り心地にも...

続きを読む...

50プリウス専用に「ブリッツ」がチューニングした車高調整式サス

全長調整式・32段減衰力調整が可能 『ダンパーZZ-R』の基本スペックは踏襲 トヨタ4代目プリウスでカスタマイズを楽しむユーザーにいち早く車高調シリーズ『ダンパーZZ‒R』を設定し対応したのが、チューニングパーツメーカー...

続きを読む...

スタンス系を極める「エアサス」のメリット・デメリット

走行中に車高を高めれば大丈夫? カスタムシーンにおいて、ローダウンを極めるための必須アイテムといえるのが「エアサス(エアーサスペンション)」。取り付け法によっては路面とボディ下面が接地する「車高ゼロ=着地」の状態にするこ.…

続きを読む...

ジャッキアップなしで車高調整が可能「Gドライブ」サスペンション

ホイールのすき間から工具を差し込み ミリ単位で車高調整を自在にできる ドレスアップにおいて、長年議論されてきた車高調か? エアサスか? という問題。これに対する一つの回答となりそうなのが、エアサスのトップブランド「ACC...

続きを読む...

「ブレンボ」が模造品対策を本格化!

「ブレンボ」正規品と模造品を 見分ける5つのポイント 高性能ブレーキの代名詞であるイタリアの「ブレンボ」。そんなブレンボの偉業を不当に得ようとしている『模造品』が近年少なからず出回って、さまざまなトラブルを引き起こしてい...

続きを読む...