初心者が信じるセオリーは間違い! 「頑張らないが正義」なサーキットの正しい走り方 (1/2ページ)

初心者が信じるセオリーは間違い! 「頑張らないが正義」なサーキットの正しい走り方

この記事をまとめると

  • 頑張りすぎるとアンダーステアになる
  • 縦グリップと横グリップを理解する
  • 走行回数を増やして身体で覚える

頑張って走ると逆効果なサーキット走行の「あるある」

 よくあるのはブレーキの踏み始めが早く、でも初期踏力(制動)が弱くて、ブレーキ区間の後半になるにつれて踏力が強くなっていくパターンです。これはいかにも「突っ込みで頑張った」という達成感は味わええますが、ステアリングを切り始めるタイミングになってもブレーキが残ってしまうことで、ハンドルをいくら切っても思うようにクルマは曲がってくれません。走行前の講習

縦グリップと横グリップの相関関係を理解しておこう!

 サーキット走行会の座学(講習)などで耳にしたことがあるかもしれませんが、タイヤの摩擦円理論というものがあります。タイヤのグリップ力には限りがあって、走行中のタイヤは曲がるための「横方向のグリップ」と減速・加速のための「縦方向のグリップ」が相関関係にあります。分かりやすく言えば、その限られたグリップ力を縦方向と横方向で奪い合っているのです。摩擦円理論

 そのため、ブレーキをかけながらハンドルを切っても制動距離は伸びてしまい、アンダーステアが出てクルマは曲がってくれません。同様にハンドルを切ったままアクセルを強く踏み込むと、これまたアンダーステアが出てなかなか進みたい方向に加速してくれません。ハンドルを切りながらブレーキング

 とくにブレーキをかけながらハンドルを切ると、アンダーが出るだけでなくクルマの挙動が凄く不安定になり、クルマにとって最も苦手なシチュエーションになります。したがって効率よく速く走ろうと思ったら、クルマが苦手とするシチュエーションをできるだけ作らない(減らす)、あるいはできるだけ短時間に済ますことが肝要です。

ハンドルを切る量が足らない「手アンダー」にも注意!

 コーナーのアプローチでいえば、直進状態で初めからしっかり強くめにブレーキを踏んで、最短距離でコーナーをクリアできる速度まで減速するのが第一です。ハンドルを切っていない直線的なブレーキングであれば、少々ラフにブレーキペダルを踏んでもクルマの姿勢が乱れることはありません。直線でブレーキング

 そしてハンドルを切り出す少し手前からブレーキを戻して始めて、それからしっかりハンドルを切る。このブレーキとハンドルがオーバーラップする時間を最少にするのが大きなポイントです。

 また初心者の頃はハンドルを切る量が少なくて曲がりきれない人が意外に多く(俗にいく手アンダー)、「もっと曲がりたい」「もっと早く向きを変えたい」と思ったら、速度を落としてハンドルを多めに切ることでクルマが曲がるようになります。

非日常の体験ができるサーキット走行。愛車のポテンシャルを体感することができて、自分で操ってる感が満喫できますが頑張り過ぎは厳禁。一生懸命走っているとタイムが出ている気分になるがじつはタイムロスや挙動を乱してクラッシュする要因にもなる