日本車なのに海外生まれの異端児! 個性で圧倒する逆輸入モデル4台 (1/2ページ)

noteで書く
日本車なのに海外生まれの異端児! 個性で圧倒する逆輸入モデル4台

この記事をまとめると

  • 純国産車と一線を画す内外装デザインが魅力の逆輸入車
  • 北米または欧州テイストの走りの良さも備えていた
  • レアな存在がウケてプレミア価格を付けるモデルもある

日本車なのにどこか異国情緒を感じさせる懐かしの逆輸入車たち

 日本車であっても、じつは海外で企画、生産される純日本車だったら生まれなかった秀逸なデザインや機能を持つクルマがある。そのなかには日本未導入のクルマもあれば、逆輸入というカタチで日本でも販売されたモデルもあるのだ。ここでは、そんな逆輸入車を紹介したい。

デザインが秀逸な逆輸入車:01
「ホンダ・エレメント」

 まずは、なぜか最近街中や海山で見かける機会が多い(※筆者の場合)、ホンダ・エレメントだ。空前のSUVブームの今だからこそ、中古車人気が再燃……ということもあるだろうが、今見ても決して古さを感じさせない逆輸入車である。そもそもホンダ・エレメントは2001年の北米国際自動車ショーで披露されたコンセプトカー「モデルX」の市販バージョン。ホンダ・アメリカでデザインされたこのクロスオーバーモデルでは、西海岸のサーファー、ライフステーション(ライフセーバーの詰め所)がキーコンセプトで、観音開きドアを採用し、もちろんサーフボードを車内に積める室内空間が確保されていた。

【関連記事】大ヒット狙いのメーカーの自信作……のハズがアレ? 目論見ハズれた平成の不人気車5選

ホンダ・エレメントのフロントスタイル画像はこちら

 日本には2003年に逆輸入され、当時、一部のユーザーにウケまくったという記憶がある。筆者も沖縄の海辺で試乗し、その個性あふれるコンセプトに共感したものだ。現在の中古車価格は100~150万円と、ある意味プレミアム価格になってしまっている。ホンダ・エレメントの観音扉画像はこちら

デザインが秀逸な逆輸入車:02
「スバル・B9トライベッカ」

 クロスオーバーモデルとしては、2005年に登場したスバルのB9トライベッカも、ニューヨークのマンハッタン、トライベッカ地区の名前が付けられた北米&カナダ専用のクロスオーバーSUV。パワーユニットは3L水平対向6気筒エンジンで、もちろん4WDを採用。2006年以降はヨーロッパなどでも販売が開始されている。もっとも、スバルの軽自動車R2を思わせる、とってつけたようなスプレッドウインググリルはあまり好評ではなかったようだ。スバル・トライベッカのフロントスタイル画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー