クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 「ニスモ/STI/GR」の辛口SUVはサーキットでも楽しめる? かつて走り屋だった大人にオススメの国産SUVとは
CAR
share:

「ニスモ/STI/GR」の辛口SUVはサーキットでも楽しめる? かつて走り屋だった大人にオススメの国産SUVとは

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: スバル/Auto Messe Web

レース直系のノウハウを注ぎ込んだ「トヨタC-HR GR SPORT」

 日産にNISMO、スバルにSTIがあるなら、トヨタにもGRがある。例えばC-HR GR SPORTだ。エクステリアは走りの機能を追求したモータースポーツ直系のデザイン。インテリアもステアリング、パワースイッチ、シートなどにGRのロゴが刻まれ、専用スポーティシートが奢られる。

C-HR GR SPORT

 しかもGR専用剛性アップパーツ、19インチタイヤ&アルミホイール、専用チューニングサスペンション、ホワイト塗装のブレーキキャリパー、アルミペダルを採用するほか、CVTに加えて6速MTモデルもあるのだから、スポーツ度は極めて高い。それで価格は2WD/4WD、CVT、6速MTを含め、300万円前後なのだから、手も届きやすいというわけだ。

最新の電動SUVも走りが楽しい!

 以上、国産SUVのなかでも特別なブランド力、存在感、走行性能を持つ、サーキットでも楽しめるような3台を紹介してきた。だが、じつはNISMO、STI、GRといったスペシャルモデルでなくてもサーキット走行も楽しめるような、スポーティカー顔負けのSUVがある。

 それが三菱アウトランダー、エクリプス クロスPHEVだ。前後2モーターによる“ランエボ譲り”のS-AWCの実力は、新型アウトランダーでは後輪にもブレーキAYCを作動させることで、高い旋回性能、サーキットでも振り回せるスポーツカー並みのコントロール性を実現しているのだ。

新型三菱アウトランダー

 ただしアウトランダーの場合、新車装着の20インチタイヤはなんとエコタイヤで、タイヤのグリップの点では役不足なのが惜しまれる……(もちろん一般道、悪路ではまったく問題なし)。

1 2
  • ジュークニスモRSの走り
  • C-HR GR SPORT
  • サーキット走行するC-HR
  • フォレスターSTI Sport
  • 新型三菱アウトランダー
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS