クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • HKS製「幻のF1エンジン」が話題騒然! 創業50周年を迎えたHKSの「これまで」と「これから」
CUSTOM
share:

HKS製「幻のF1エンジン」が話題騒然! 創業50周年を迎えたHKSの「これまで」と「これから」

投稿日:

TEXT: 藤田竜太  PHOTO: AMW編集部

  • 東京オートサロン2023の「HKS 50thミュージアム」

東京オートサロン2023に出現した「HKS 50thミュージアム」

 2023年1月13日~15日に開催された東京オートサロン2023の見どころのひとつに、HKSの「50thミュージアム」があった。このブースは創業50周年を迎えたHKSのエンジンビルダーとしての足跡、レーシングチームとしての足跡、そしてこの先のカスタマイズを提案するHKSといったテーマを、実車やエンジンのディスプレイにて紹介したスペースだ。

エンジンビルダーとしてのHKSをフィーチャー

 展示車両はまず「HKSドラッグ70スープラ」。このクルマは1991年に1マイル(約400m)0-400mで初めて8秒の壁を突破し、7秒91の日本新記録を打ち立てたマシンだ。7M-GTエンジンをショートストローク化し、TO4Eのツインターボで最大1000psを発生したモンスターだった。

 続いて幻のF1エンジンといわれた「HKS300E」と、それを搭載した「ローラT91/50改」(F3000のシャシーがベース)。究極のエンジンをゼロから造るという創業者の長谷川浩之氏の夢を体現させたユニットで、当時のF1のレギュレーションに合致する、NA3500cc、V12気筒で650ps以上のスペックを誇った。ヤマハ製のF1エンジン「OX88」などと同じく5バルブでVバンク角は75度。

 1992年12月に富士スピードウェイで公開テストを行い、「ホンダ、ヤマハ、無限、スバルに続く、国産5番目のF1エンジン」と話題になった。1992年にヤマハがジョーダンに供給した「OX99」エンジン(70度V型12気筒5バルブ)の出力が600ps以上、同年にマクラーレンホンダで5勝した、ホンダの「RA122E/B」(75度V型12気筒4バルブ)が774psといわれていたので、HKS300EもF1用エンジンと呼ぶのにふさわしいポテンシャルを誇っていた。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS