クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • カッコイイがシンプルに伝わったホンダ「シビック タイプR-GTコンセプト」2024年のスーパーGTが楽しみ!
SPORT
share:
カッコイイがシンプルに伝わったホンダ「シビック タイプR-GTコンセプト」2024年のスーパーGTが楽しみ!

カッコイイがシンプルに伝わったホンダ「シビック タイプR-GTコンセプト」2024年のスーパーGTが楽しみ!

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

コンセプトカー部門で最優秀賞受賞

毎年恒例の東京オートサロン「東京国際カスタムカーコンテスト2023」において見事にコンセプトカー部門で最優秀賞を受賞したのが、いま話題の本田技研工業が出展した「シビック タイプR-GTコンセプト」だ。

このマシンは、2024年シーズンより「NSX-GT」に代わって、スーパーGT GT500クラスへの参戦に向けてHRC(株式会社ホンダ・レーシング)が開発を進めているモデルである。

シビック タイプRをFR化

レースファンなら知っていると思うが、GT500のレギュレーションは、全車共通のカーボン製モノコックとGTウイングの装着が義務化されている。また、搭載エンジンは2リッター直列4気筒ターボエンジンをフロントに搭載し、駆動方式は後輪駆動のFRで統一する決まりだ。

当然、シビック タイプRがベースならばFFということになるが、このマシンの駆動方式はそのレギュレーションに従ってFR化された。この点からもわかるように、見た目はレーシングモディファイを受けたシビック タイプRだが、その中身はまるで別物ということだ。

だが、これは決して驚くことではない。それは現在活躍中のNSX-GTもミッドシップからフロントエンジン搭載のFRへと大幅にレイアウトを変えてスーパーGTシリーズ参戦し戦っているからだ。

今回はそのNSXの生産が正式に打ち切られることが決まったことを受け、次のステージに向けた新たなマシンとしてシビック タイプR-GTコンセプトを誕生させたというわけだ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS