クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • スバル「インプレッサ22B」のオーナーはデザイナー「手島 彰」さんでした! 辰己英治さんのサインがある理由とは
CLASSIC
share:

スバル「インプレッサ22B」のオーナーはデザイナー「手島 彰」さんでした! 辰己英治さんのサインがある理由とは

投稿日:

TEXT: 高桑秀典(TAKAKUWA Hidenori)  PHOTO: 高桑秀典

専用2.2Lエンジンを積んだ22B STiバージョンは400台限定の激レア車

手島 彰さん、という名前を見たり聞いたりしたときに、初代「インプレッサ」のデザイナーだ! とすぐさま分かった人は根っからのスバル好きだろう。手島さんは、筑波大学を卒業後、1989年4月に富士重工業に入社。デザイン室のエクステリアデザインチームに所属し、初代インプレッサシリーズのスタイリングを担当した。世界ラリー選手権で活躍した高性能モデル「インプレッサWRX」などのデザインを手がけたことでも有名だ。

デザイナー手島 彰さんが22Bで「前橋クラシックカーフェスティバル」に参加

そのようなレジェンドが2023年5月28日に道の駅 まえばし赤城にて開催された「前橋クラシックカーフェスティバル」(主催:伊香保おもちゃと人形自動車博物館)に、愛車の「インプレッサ22B STiバージョン」を駆って参加したため、会場は大盛り上がり。自身でデザインしたTシャツやキャップを着用した手島さんにサインをもらうファンの列に並んで、インタビューしてきた。

「過去の愛車も初代インプレッサのGC8などです。R53型のミニ クーパーSもありました。現在も2014年に購入した1998年式インプレッサ22B STiバージョンと一緒に、複数台のGC8を所有しています。私は初代インプレッサシリーズの外観のデザインを手がけました。2ドアクーペのリトナをベースとしたWRカー、そして、そのロードモデルである22Bが初代インプレッサシリーズの最高峰なので、22B STiバージョンを購入しました。いま、初代インプレッサファンのためにライフスタイルグッズをデザインし、販売することもしています」

GDB用のステッカーも手島さんがデザインしたもの

この22Bを泣く泣く手放すことになった前オーナーが、偶然にも手島さんが手がけたモノが好みで、その手島さん本人がコンタクトしてきたことで驚き、惜しみながらも快く愛車を託してくれたのだという。譲り受けた22Bは各部が本来の仕様とは異なり、手島さんスペシャルのようになっているが、あえてそのままにしているそうだ。

「22Bの発売時には、すでにベースとなった市販WRXが後期用のリアコンビランプを装備していました。しかし、世界ラリー選手権3連覇目の1997年仕様のWRカーは、私がデザインを手がけた前期用のリアコンビランプだったのです。いま私のところにある22Bは、前オーナーがリアコンビランプをWRカーと同じ仕様に変更しています。ということで、22Bは本来ウインカーレンズの色が白ですが、前期タイプのオレンジになっています。そして、ドアにニュルブルクリンクのコースをイメージしたGDB型限定車用のステッカーが貼ってありますが、これは私がスバル退社後にフリーになり、STiから依頼されてデザインの仕事を始めた時期にデザインしたものです」

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS