クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産「フェアレディZ」を「スカイライン」ベースで作ったら「スカZ」になりました! ボルトオンパーツを紹介します
CUSTOM
share:

日産「フェアレディZ」を「スカイライン」ベースで作ったら「スカZ」になりました! ボルトオンパーツを紹介します

投稿日:

TEXT: 青木邦敏(AOKI Kunitoshi)  PHOTO: 青木邦敏

V35型スカイラインクーペをベースに、S30型フェアレディZの顔面を移植した1台

「スカイラインGT」、略して「スカG」という呼び方は、日産ファンであれば誰もが知るところ。そんな「スカG(ジー)」の名をモジり、「スカZ(ズィー)」というネーミング先行で爆誕した日産「スカイラインクーペ」のフェイスチェンジ車両を紹介しよう。

Zの皮を被ったスカイライン

衝撃的なフロントデザインでひときわ目を引いたのが、岐阜県関ヶ原の旧車絶版車販売会社VRPが制作した1台だった。一見、S30型の「フェアレディZ」にしか見えないのだが、その正体がじつはV35型スカイラインクーペというから驚き。完全にZの顔をしたV35型スカイラインクーペは、いわゆる顔面スワップという手法で、日産を代表するスカイラインとフェアレディZを合体させた1台なのだ。

その名も「スカG(ジー)」ならぬ「スカZ(ズィー)」というのだから、ネーミングセンスが光る。さらに言うと、プリンスとダットサンという日本を代表する名車の融合ということで、日産ファンでなくとも興味が尽きない1台と言えよう。

着想はネーミングからだが、購入しやすさと実用性は譲れない

じつはこのフェイスチェンジ車は単なるワンオフカーではなく、コンプリートカーとしての販売を予定している。購入費用を抑えるため、ベースとなる車両は中古車として購入しやすい値段で取り引きされているV35型スカイランクーペとなる予定。車両を制作するVRPの代表によると、乗り出し価格で約300万円程度を考えているとのこと。

では、そもそもなぜV35型スカイラインクーペにS30型フェアレディZそっくりのフロントフェイスを付けようと思ったのか。そのきっかけは、旧車好きや日産好きが普段使いで楽しめる1台を提案したかったからとのことだ。

実用性の面では、さまざまな用途に活用できるクルマという点は譲れないと考え、大人4人が余裕で乗れるV35型スカイラインをチョイス。ベースとなる車両の中古車市場での価格の手頃さも、V35型スカイラインを選んだ理由のひとつだ。しかし実際のところは、ネーミングありきとのこと。要するに、「スカZ」という愛称が根っからの日産ファンにウケないわけがないと考えて、あえて狙って選んだのが本音なのだとか。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS