クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 2代目スバル「レガシィ」北米仕様の異なるポイントとは? オーナーさえ今でも違いを発見するディテールが満載です
CAR
share:

2代目スバル「レガシィ」北米仕様の異なるポイントとは? オーナーさえ今でも違いを発見するディテールが満載です

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔

BG型ではなくBK型! インディアナ工場生産のレガシィ

2023年9月2日~3日に静岡県の朝霧ジャンボリーキャンプ場で、「The SUBIE」というイベントが行われた。スバル車のUSDMカスタムはもちろん、本物の逆輸入車も数多く集まったこのイベントで、気になる車両をピックアップ。今回は、いかにも普通の「レガシィ」の雰囲気ながら、じつは左ハンドルの逆輸入レガシィを紹介しよう。

国内仕様との最大の違いはフラットなロールーフ形状

2代目レガシィツーリングワゴンの逆輸入車でエントリーしたのは、千葉県のカーショプ「クルマさがしcafeバリスタ」のスタッフ、水谷さんだ。国内にもあるボディカラーゆえにパッと見は分からないが、よく見ると北米仕様ならではのディテール満載の1台だ。

それではまず外観から見ていこう。まず気がつくのが国内仕様とは異なりルーフがフラットなロールーフ仕様となっているという点だ。この車両はアメリカのインディアナ州で生産されており、国内標準のステップルーフ形状のツーリングワゴンがBG型と呼ばれるのに対して、北米生産のロールーフのワゴンはBK型という別の型式を与えられている。

車高が下がっているというのもあるが、全体に低く、薄く見えるのは、このロールーフが大きな要因となっている。ルーフ形状が異なるため、ルーフレールも国内とは異なる形状となるほか、サイドミラーも可倒式ではなく、格納できない一体型となる。

当然ながらヘッドライトやウインカーは北米仕様となる。とくにウインカー部分は日本仕様ではクリアレンズとなるが、北米仕様では側面にオレンジの反射板が入るのが大きく異なる部分。

また国内仕様ではボディモール前端に備わるサイドウインカーも北米仕様では備わらないのが特徴だ。テールランプは国内仕様とは異なり、レンズ下部がアンバーとなり、バックランプ部分のみクリアとなっている。またガーニッシュ部分の文字は国内仕様のLEGACYに対してSUBARUの文字が入る。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS