クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 日産「スカイラインNISMO」をさらにパワーアップするNISMOの専用開発パーツとは? サーキットで実力を体感【デモカー試乗】
CUSTOM
share:
日産「スカイラインNISMO」をさらにパワーアップするNISMOの専用開発パーツとは? サーキットで実力を体感【デモカー試乗】

日産「スカイラインNISMO」をさらにパワーアップするNISMOの専用開発パーツとは? サーキットで実力を体感【デモカー試乗】

投稿日:

TEXT: 加茂 新(KAMO Arata)  PHOTO: 宮越孝政/NISMO

  • ベース車両は2023年9月に発売されたスカイラインNISMO
  • ボディカラーはNISMOステルスグレー
  • わずか1000台限定で発売されたスカイラインNISMO
  • 鍛造アルミホイールLMGT4を装着することで1台分あたり純正比約15kg軽量化
  • NISMOピラーガーニッシュ
  • NISMOドアハンドルプロテクターを装着
  • NISMOスポーツチタンマフラーを装着
  • 純正マフラー比約50%という軽量化を実現し、対純正で10.6kg軽くなっている
  • 通常走行から高速走行まで軽快なエキゾーストノートを奏でる
  • エンジンはNISMOスポーツリセッティングのTYPE-1、スピードリミッター変更品
  • NISMOスポーツサスペンションキットを装着
  • NISMO機械式LSDを装備している
  • スカイラインNISMOのコクピット
  • NISMOスポーツサスペンションキットはOHLINS製NISMOオリジナルチューニングで、全長調整式、減衰力20段調整式
  • 1000台限定のスカイラインNISMOをベースにした、NISMOスポーツパーツ装着車に試乗

1000台限定のスポーツセダン、スカイラインNISMO

2023年9月に1000台限定で発売された日産「スカイラインNISMO」。それをさらに痛快に仕上げるチューニングパーツをNISMOが提案している。NISMO渾身のチューンド・スカイラインの試乗レポートをお送りしよう。

NISMO自らの手でさらにパフォーマンスアップ

スカイラインNISMOは、「スカイライン400R」をベースにさらにNISMOがチューニングを施した1000台限定のスペシャルモデル。400Rでは最高出力405ps/最大トルク48.4kgmというスペックを誇ったが、NISMOのGT500に携わるエンジニアがさらにチューニングを施したことで420ps/56.1kgmという途方もないスペックを獲得し、ハイパフォーマンスセダンとして仕上げられている。

じつは、そのスカイラインNISMOのための専用チューニングパーツをNISMOがラインアップしている。それらのパーツを装着したのが今回試乗したデモカーだ。装着パーツは車高調整式サスペンション、機械式LSD、チタンマフラー、ブレーキパッドとアルミホイールといった具合。

しなやかでハイレベルな乗り心地の車高調

まずはサスペンション。レース用からストリート用まで高い評価を得るオーリンズ製をベースに開発されているが、その乗り味はいわゆるサーキット向け車高調とはまったく異なる。純正サスペンションの延長線上にあるようなゆったりとしたストロークとしなやかさを併せ持つ。

そのしなやかさが素晴らしい。高精度なオーリンズ製をベースとすることで抵抗感なく、減衰力が繊細に出ていてクルマの動きを気持ちよく抑えてくれる。純正サスペンションのグレードアップ版といったイメージだ。車高調だが乗り心地の硬さは一切なく、じわっと段差やうねりを吸収してくれる感覚となっている。ミニサーキットを走行した場合は、サーキット向けのサスペンションではないのでソリッドな動きはないが、底付き感はなく懐の深い走りで楽しめる。

車高はインテリジェントFCWなど先進運転支援技術への影響がないことを確認して10mmダウンに設計。車高を下げるというよりも、よりハイレベルな乗り心地を手に入れることができるといったイメージだ。

普段は静かに、ここぞという所でしっかり効くLSD

そしてLSDは機械式。メタルディスクを用いた機械式LSDというと、バキバキとした作動音と交差点の右左折などでの曲がりにくさなどを想像する方もおられるかと思うが、まったくそういった感じはない。ON側もOFF側も20°という緩めのカム角をチョイス。LSDがバキンッと作動することはなく、じわっと効いてくれるイメージだ。イニシャルトルクも高くないので街乗りや交差点の右左折ではLSDの装着が気になる感じもない。しかし、本格的にサーキットを攻めていくとしっかりとリアタイヤに駆動力をかけつつ、スライドまでを楽しむことができるのだ。

LSDは弱ければいいというものでもなく、イニシャルトルクを下げるほどに作動時との差が大きくなって、唐突に効く感じを受ける場合もある。しかし、このLSDではイニシャルトルクは低め、カム角も弱めだが効きに唐突感がなくしっかりとトラクションを楽しむことができた。

マフラーとホイールで25キロ以上もの軽量化

マフラーとホイールはそのパフォーマンスはもちろんだが、軽量化パーツとしての効果も大きい。マフラーで10.6kg、ホイールで15kgの軽量化が可能で、合計25kg以上も軽くできる。しかもバネ下のホイールと、リアオーバーハングのマフラーなのでその効果は数値以上に大きいわけである。

ベース車となるスカイラインNISMOがすでに完売なのが残念なところではあるが、「GT-Rまではいらない。RZ34もヤンチャすぎるし普段使いに支障がある。やっぱりセダンに乗りたいけれど、走りの日産に乗っていることは忘れたくない」という、昭和平成令和と駆け抜けてきた大人にベストマッチな、過激なスポーツセダンとして仕上げられていた。

■「デモカー試乗」連載記事一覧はこちら

すべて表示
  • 加茂 新(KAMO Arata)
  • 加茂 新(KAMO Arata)
  • チューニングライター。1983年生まれ。父が初代VWゴルフ、シトロエンBX、ZXなどを乗り継いでいた影響で16歳で中型バイク(ZRX400)を購入し、大阪芸大時代にAE86を購入。卒業後はチューニング&ドラテク専門誌を15年間製作し(約2年の編集長を含む)、数多くのレースにも参戦。2021年春よりフリーランスとなる。過去には180SX、S15、NA8、SCP10、86前期&後期を所有。現愛車はAE86、GR86、ZC33Sスイフトスポーツ、CBR954RR。
著者一覧 >

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS