クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • フリマアプリでメルセデスを格安購入! Z世代の若者がバブル期の「W124」を手に入れた理由とは? ファッションも古着でコーディネートしてます
CLASSIC
share:

フリマアプリでメルセデスを格安購入! Z世代の若者がバブル期の「W124」を手に入れた理由とは? ファッションも古着でコーディネートしてます

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: AMW 竹内耕太(TAKEUCHI Kota)

  • 1990年式メルセデス・ベンツ300Eの並行輸入車
  • 当時ナンバー「沼津33」を継承
  • 輸入車好きの祖父の影響で80~90年代の文化に憧れていたという
  • たまたまフリマアプリで自分が引き継げる当時ナンバーの個体を見つけた
  • 並行輸入車でサンルーフ付きの仕様
  • ヘッドライトも綺麗な状態
  • もともとW124もいつか乗ってみたい憧れの候補の1台となっていたそう
  • 最初に購入したマツダ アテンザも、後にW124などを乗っても運転で困らないように比較的大柄なボディを持つモデルとして選んだそうだ
  • 1990年式メルセデス・ベンツ300Eのホイール
  • 300Eは3.0L直列6気筒OHCエンジンを積むモデル
  • 3.0L直6エンジンは185psを発揮
  • 1990年式メルセデス・ベンツ300Eのコクピット
  • 総走行距離は8万3000kmでこの時代のクルマとしては低走行
  • ウッドパネルのコンディションも良い
  • 1990年式メルセデス・ベンツ300Eのフロントシート
  • かぐわしいレザーの香りが漂っていた
  • 後席の足元
  • アンマッチな社外オーディオをオリジナルのものにしたいと考えているそうだ
  • 1990年式メルセデス・ベンツ300Eと、オーナーの中川雅貴さん

W124全国集会に登場したのは納車から1カ月の300E

1985年デビューとすでに40年近くが経過しているにもかかわらず、今なお根強いファンが多く名車という評価を集めているのがメルセデス・ベンツ「W124」の初代「Eクラス」です。そんなW124をこよなく愛するオーナーが集う「W124-CLUB-JAPAN」が主催する、年に一度のビックイベントである全国オフ会。2023年は愛知県のトヨタ博物館を会場として12月10日に開催されました。総勢40台以上がエントリーしていた中から、今回は納車からわずか1カ月で参加したという20代の新オーナーを紹介します。

当時ナンバーを掲げる車両のオーナーは20代の若者

1990年式「300E」は当時ナンバー「沼津33」の並行輸入車でサンルーフ付きと、車両だけ見ると新車からずっとこだわって乗っているベテランオーナーかと思わせるが、なんとオーナーは20代の若者、中川雅貴さんだ。

もともと中川さんの祖父が輸入車を乗り継いでおり、その影響もあってか1980年代から90年代のカルチャー全般に憧れを持っていた中川さんはレトロなものが大好きで、イベント時に身にまとっていた服も古着屋で購入したもの。

取材時、愛車の300Eは納車されてからわずか1カ月。たまたまフリマアプリを見ていたところ、自身が引き継ぐことができる当時ナンバーを付けたこの個体が売りに出されていたのを発見したという。

「オーナーに問い合わせしてみたら、“ここで売れなかったら業販に出す”というので、これはナンバーを引き継ぐしかないと思って購入を決断しました」

と急転直下、クラシカルなW124のオーナーとなったというわけだ。

少しずつ当時の仕様に戻していきたい

もともとW124もいつか乗ってみたい憧れの候補の1台となっていたとのこと。免許を取得して最初に購入したマツダ「アテンザ」も、後にW124などを乗っても運転で困らないように安価でありつつ比較的大柄なボディを持つ車種として選んだというのだから、このW124に巡り合ったのも運命と言えるのかもしれない。

ちなみに価格もかなりのバーゲン価格だったようで、直接的な金額は伏せるものの、聞いたらビックリするようなもの。このあたりも運命を感じずにはいられないエピソードと言えるだろう。

まだ手元にきて1カ月ということもあり、オイルとタイヤの交換くらいしか実施していない。だが、当時ナンバーかつ希少な並行輸入仕様ということもあって、できれば当時の仕様に戻したいと考えており、手始めにアンマッチな社外オーディオをオリジナルのものにしたいと考えているとのことだ。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS