クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 1000万円以下ではじめる旧車生活。 ジャガー「Eタイプ」にシリーズ「1.5」があった!? 米国の法規や嗜好に合わせた変遷とは
CLASSIC
share:
1000万円以下ではじめる旧車生活。 ジャガー「Eタイプ」にシリーズ「1.5」があった!? 米国の法規や嗜好に合わせた変遷とは

1000万円以下ではじめる旧車生活。 ジャガー「Eタイプ」にシリーズ「1.5」があった!? 米国の法規や嗜好に合わせた変遷とは

投稿日:

TEXT: 武田公実(TAKEDA Hiromi)  PHOTO: 2023 Courtesy of RM Sotheby's

  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's
  • 6万1600ドル(邦貨換算約920万円)で落札されたジャガー「Eタイプ シリーズ1.5 4.2リッターロードスター」(C)Courtesy of RM Sotheby's

シリーズ“1.5”ってナニ? ジャガーEタイプの常識

近年のクラシックカーオークションといえば、「億越え」するような高額落札や超レアものの珍車に目が行きがち。だが、実際にプレビュー会場や競売の現場、あるいは公式カタログをのぞいてみると、出品車両で多数を占めるのはもう少し手が届きやすく、また重度のカーマニアならずとも欲しくなってしまうような人気のモデルたちである。今回は、そんなポピュラーなモデルの最たる一例として、2024年1月25日にRMサザビーズ北米本社がアリゾナ州フェニックス市内で開催したオークション「ARIZONA 2024」に出品されていたジャガー「Eタイプ」をピックアップ。そのモデル概要とオークションレビューについて、お話しさせていただこう。

アメリカ市場のために変遷を繰り返した名車

自動車史上最高のスポーツカーのひとつとして、全世界のエンスージアストから敬愛を集めるジャガーEタイプ。1961年のデビューから1975年の生産終了に至る14年の歴史は、最大のマーケットである北米の法規や嗜好に合わせた進化の歴史といえなくもない。

正式デビュー以来7年間の生産期間を経て、伝説のEタイプは初の抜本的な改良を受けることになる。アメリカの排ガス規制と交通安全規制が迫る状況のもと、ジャガー・カーズ社は「シリーズ2」のEタイプを、1968年10月に発表した。

北米当局の新しい保安基準に適合させるため、外装ではヘッドライトの位置を上方に移動。テールランプも大型化し、リアバンパー下に配置される。

また、長大なボンネットカウル下に搭載される4.2Lの直列6気筒DOHC「XK」エンジンは、デビュー以来採用されてきたSUキャブレター三連装から、よりエミッションコントロールに適応した「ゼニス・ストロンバーグ」社製のツインへと変更された。

そのほかの変更点としては、ラジエーターの冷却ファンがツインとされたほか、爪を切り落としたノックオフ式ホイールナット、グローブボックス、ロック可能なテレスコピック伸縮式ステアリングコラム、オリジナルの金属製タンブラーの代わりに突起の小さなプラスチック製ロッカータイプに替えられた、ダッシュボードのスイッチなどが挙げられる。

しかし、シリーズ2として正式にマイナーチェンジを布告する以前にも、ジャガーはシリーズ1のEタイプにシリーズ2の装備を順次追加していた。シリーズ1とシリーズ2のディテール面における特徴を融合させたこれら過渡期的モデルは、のちに「シリーズ1.5(ワンハーフ)」として非公式に知られるようになり、生産されたEタイプの中でももっとも希少なモデルのひとつとなっている。

現在の国際クラシックカー・マーケットにおいて、圧倒的に人気の高いEタイプは6気筒のシリーズ1。次いで、とくに北米ではV12エンジンを搭載したシリーズ3も、かなり再評価されてきている。

でもそのかたわら、シリーズ2はいささか不人気ではあるのだが、Eタイプのなかで一番人気のシリーズ1との折衷型であるシリーズ1.5には、果たしてどんな評価が下されるのか……? 注目のオークション評価を見てみることにしよう。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS