クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
OUTDOOR
share:

トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです

投稿日:

TEXT: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)  PHOTO: 勝村大輔(KATSUMURA Daisuke)

  • リアの車高が下がり気味になってしまうことを考慮して、現在試験的に純正リーフスプリングに追加装着できるエアサスペンションをテスト装着中
  • さらにギラっとしたメタリックな質感のボディカラーはブラッシュドチタンという色をラッピングで再現したもの
  • シートやベッドキットの座面部分には、強度があり撥水性の高いCORDURA(コーデュラ)という生地を採用
  • セカンドシートはアレンジ豊富な1400mm幅のi-seatを装着
  • 後部には広大なフルフラット空間を作り出すベッドキットを採用
  • ベッドマットの一部をめくると、シンクや簡易コンロが格納されている
  • 8ナンバーのキャンピングカー登録が可能だ
  • 「車中泊ができる街乗り仕様」をコンセプトとした同社のライトキャンピングコンプリートカー、FD-BOX
  • 外装は同社で人気の丸目2灯ヘッドライトにコンバートできるFD-classic仕様

ワイドボディをベースにしたライトキャンピングカー

2024年2月10~12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ(OAM)2024」は、過去最高660台ものカスタムカーが集結。今回は、FLEX DREAM(フレックス・ドリーム)のトヨタ「ハイエース」をベースとしたカスタム車両「FD-BOX」を紹介します。

丸目2灯仕様の外装はラッピングでチタンカラーに

「車中泊ができる街乗り仕様」をコンセプトとした同社のライトキャンピングコンプリートカー、FD-BOXは、ベース車両やレイアウトによって複数のモデルが存在するが、今回紹介するのは、ハイエースのS-GLワイドボディをベースとした最新のFD-BOX V09-Mというモデルだ。

外装は同社で人気の丸目2灯ヘッドライトにコンバートできるFD-classic仕様となっており、さらにギラっとしたメタリックな質感のボディカラーはブラッシュドチタンという色をラッピングで再現したものだそう。そんなボディにあえてブラックの前後バンパーやオーバーフェンダーを装着。これまでのFD-classicはアースカラーなどのイメージが強かったが、このようなハードな雰囲気にもよく似合う。

ちなみに足まわりはMLJのXTREME-J XJ07ホイールに、タイヤはトーヨー・オープンカントリーA/Tの組み合わせ。また、リアの重量が増加しており純正のリーフスプリングでは車高が下がり気味になってしまうことを考慮して、現在試験的に純正リーフに追加装着できるエアサスペンションをテスト装着中とのこと。結果が良ければ市販化も考えているそうだ。

CORDURAを使った内装はアウトドアでガンガン使うのが正解

さて、いよいよ気になるインテリアをチェックしていこう。セカンドシートはアレンジ豊富な1400mm幅のi-seatを装着し、後部には広大なフルフラット空間を作り出すベッドキットを採用。さらにベッドマットの一部をめくると、シンクや簡易コンロが格納されており、8ナンバーのキャンピングカー登録が可能だ。

今回シートやベッドキットの座面部分には、強度があり撥水性の高いCORDURA(コーデュラ)という生地を採用。アウトドアでもガンガン使えると最近注目を集めている素材を早くも採用しているそうだ。また天井にはダウンライトをインストールしたウッドを設置し、間接照明とスポットライトのコンビネーション照明となっている。

余計な装備をあえて無くし、広大なフルフラットスペースを作り出したFD-BOX V09-Mは、乗車人数や遊び方によってアレンジできる使い勝手の良い1台と言えそうだ。

すべて表示

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS