クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • 800馬力のランボルギーニ「ウルスSE」は10種のドライビングモードで楽しめる! EVだけでも60km以上走れるクラス最速SUVです
CAR
share:
800馬力のランボルギーニ「ウルスSE」は10種のドライビングモードで楽しめる! EVだけでも60km以上走れるクラス最速SUVです

800馬力のランボルギーニ「ウルスSE」は10種のドライビングモードで楽しめる! EVだけでも60km以上走れるクラス最速SUVです

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Automobili Lamborghini

  • ランボルギーニは「ウルスSE」を発表
  • SUVで初となるプラグインハイブリッドモデル、「ウルスSE」
  • ランボルギーニ ウルスSE:クラス最高のパフォーマンスと最高速度を誇る
  • ランボルギーニ ウルスSE:800馬力のハイブリッドパワートレインを特徴とするPHEVバージョン
  • ランボルギーニ ウルスSE:電気モードで60km以上の航続距離となる
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニの特徴である「feel like a pilot」デザインのDNAを強調するためにアップデートされた
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニの特徴である「feel like a pilot」デザインのDNAを強調するためにアップデートされた
  • ランボルギーニ ウルスSE:北京モーターショー2024の前日フォルクスワーゲンのメディアナイトでプレス向けに発表された
  • ランボルギーニ ウルスSE:高速走行時のリアダウンフォースをウルスS比で35%増加させ、車両の安定性をさらに高めた
  • ランボルギーニ ウルスSE:新しいデザインとなった
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニ・スーパーSUV初のハイブリッドプラグインバージョン
  • ランボルギーニ ウルスSE:192 馬力と483 Nmのトルクを発揮する電動パワートレインと組み合わされる
  • ランボルギーニ ウルスSE:エアロダイナミクス効率を最適化するという明確な目的のもと、そのラインを一新した
  • ランボルギーニ ウルスSE:エアロダイナミクス効率を最適化するという明確な目的のもと、そのラインを一新した
  • ランボルギーニ ウルスSE:デザインは、フォルムのダイナミクスを強調
  • ランボルギーニ ウルスSE:カーゴ・コンパートメントハッチのデザインが一新された
  • ランボルギーニ ウルスSE:車両のスポーティさと筋肉質さを際立たせている
  • ランボルギーニ ウルスSE:エアロダイナミクス効率を最適化するという明確な目的のもと、そのラインを一新した
  • ランボルギーニ ウルスSE:フロントセクションには、フローティングデザインの新しいボンネットが採用
  • ランボルギーニ ウルスSE:カットオフラインがないことで連続性が感じられ、ウルスSEのアスレチックなスタイルが強調されている
  • ランボルギーニ ウルスSE:フロントセクションには、フローティングデザインの新しいボンネットが採用
  • ランボルギーニ ウルスSE:エアロダイナミクス効率を最適化するという明確な目的のもと、そのラインを一新した
  • ランボルギーニ ウルスSE:カットオフラインがないことで連続性が感じられ、ウルスSEのアスレチックなスタイルが強調されている
  • ランボルギーニ ウルスSE:カーゴ・コンパートメントハッチのデザインが一新されたリア
  • ランボルギーニ ウルスSE:カーゴ・コンパートメントハッチのデザインが一新されたリア
  • ランボルギーニ ウルスSE:車両のスポーティさと筋肉質さを際立たせている
  • ランボルギーニ ウルスSE:ウルスSEはEVモードで60km以上の走行が可能な100%電気駆動の4WD車となっている
  • ランボルギーニ ウルスSE:電動油圧多板クラッチを備えた新しい縦置き電動トルクベクタリングシステムを初採用
  • ランボルギーニ ウルスSE:ウルスSEの0-100km/h加速はわずか3.4秒(ウルスS:3.5秒)
  • ランボルギーニ ウルスSE:ダッシュボードのフロントセクション全体に新しいソリューションが採用された
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニの特徴である「feel like a pilot」デザインのDNAを強調
  • ランボルギーニ ウルスSE:12.3インチに大型化されたスクリーン
  • ランボルギーニ ウルスSE:レヴエルトですでに導入された、軽量感が強調されているインテリア
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニの特徴である「feel like a pilot」デザインのDNAを強調
  • ランボルギーニ ウルスSE:トルクとパワーの値は過去最高となりながらも80%のCO2排出量削減を実現するモデル
  • ランボルギーニ ウルスSE:テールライト・クラスターを「Y」ライトでつなぐことでラインを調和させた
  • ランボルギーニ ウルスSE:新しいリア・ディフューザーにより、さらにスポーティなプロポーションとなっている
  • ランボルギーニ ウルスSE:ランボルギーニの特徴である「feel like a pilot」デザインのDNAを強調
  • ランボルギーニ ウルスSE:フロントセクションの新設計により従来のシステムよりも空冷性能が30%向上している
  • ランボルギーニ ウルスSE:EVモードで60km以上の走行が可能な100%電気駆動の4WD車となっている
  • ランボルギーニ ウルスSE:新しいリア・ディフューザーにより、さらにスポーティなプロポーションとなっている
  • ランボルギーニ ウルスSE:ツインターボ4L V8エンジンは、電動パワートレインとの最適な相乗効果を発揮
  • ランボルギーニ ウルスSE:25.9kWhのリチウムイオンバッテリーは、ロードフロアの下、電子制御リアディファレンシャルの上に配置されている
  • ランボルギーニ ウルスSE:マトリクスLEDテクノロジーを採用したヘッドライトクラスター
  • ランボルギーニ ウルスSE:EVモードで60km以上の走行が可能となっている
  • SUVで初となるプラグインハイブリッドモデル、「ウルスSE」
  • 800馬力のハイブリッドパワートレインを特徴とするPHEVバージョンのウルスSE
  • クラス最高のパフォーマンスと最高速度を誇るウルスSE

初のプラグインハイブリッドスーパーSUVをオートチャイナで展示

新しいデザイン、800馬力のパワー、電気モードで60km以上の航続距離、クラス最高のパフォーマンスと最高速度を誇るランボルギーニのSUVで初となるプラグインハイブリッドモデル、「ウルスSE」が、2024年4月25日に開幕した北京モーターショーの前日、プレス向けに発表されました。ランボルギーニの電動化と脱炭素化への道がさらに前進します。

ウルスSを凌駕するPHEV

アウトモビリ・ランボルギーニは2024年4月25日に開幕した北京モーターショー(オートチャイナ2024)の前夜に行われたフォルクスワーゲングループ・メディアナイトで、ランボルギーニ・スーパーSUV初のハイブリッドプラグインバージョンである「ウルスSE」を発表した。新しいデザイン、最適化されたエアロダイナミクス、前例のないオンボードテクノロジー、800馬力のハイブリッドパワートレインを特徴とするPHEVバージョンは、快適性、パフォーマンス、効率、排出ガス、ドライビングプレジャーの面で「ウルスS」を凌駕する。熱と電気の「2つの心臓」により、トルクとパワーの値は過去最高となりながらも80%の排出量削減を実現するモデルである。

比類なきドライビング体験

ウルスSEは、プラグインハイブリッドシステムにより、あらゆる路面やコンディションで車両のパフォーマンスとダイナミクスを向上させ、比類ないドライビングエクスペリエンスを提供する。2つのアクスル間の電動トルクベクタリングシステムや電子制御リア・ディファレンシャルなどの革新的な技術ソリューションにより、あらゆる回転数でより大きなトルクとパワーを発揮する。

ツインターボ4L V8エンジンは、電動パワートレインとの最適な相乗効果を発揮するように再設計されている。この燃焼ユニットは、最高出力192psと483Nmの最大トルクを発揮する電動パワートレインと組み合わされる。最大出力を実現するうえで最も重視されたのは、ICE(内燃機関)とeモーター間のキャリブレーション戦略であり、あらゆる走行モード、あらゆる路面で最適な出力曲線を確保するため、合計出力は800CV(799.5ps)に達した。25.9kWhのリチウムイオンバッテリーは、ロードフロアの下、電子制御リアディファレンシャルの上に配置されている。

8速オートマチックトランスミッション内に設置された電動モーターは、V8エンジンのブーストとして機能するだけでなく、トラクションエレメントとしても機能するため、ウルスSEはEVモードで60km以上の走行が可能な100%電気駆動の4WD車となっている。

ウルスSEで初採用となるのは、電動油圧多板クラッチを備えた新しい縦置き電動トルクベクタリングシステムで、駆動トルクをフロントアクスルとリアアクスルの間で可変かつ連続的に配分する。このトランスファーケースは、リアアクスルに装備された新しい電子制御式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルと相乗効果を発揮し、車両に「オン・デマンド」のオーバーステアを与え、純血のスーパースポーツカーのフィーリングを伝える。

このカテゴリーではユニークなウルスSEは、どのような回転数や走行条件でも、より大きなトルクとパワーを発揮する。このシステムは、6000rpmで800CVの総出力と、1750rpmから5750rpmまですでに利用可能な950Nmの総トルクを発生し、あらゆる角度からクラス最高のパフォーマンスを保証する。さらに強化された重量対出力比のおかげで、ウルスSEの0-100km/h加速はわずか3.4秒(ウルスS:3.5秒)、0-200km/h加速はわずか11.2秒(ウルスS:12.5秒)、最高速度は312km/h(ウルスS:305km/h)に達する。これらの数値により、SEはこれまでで最もパワフルなウルスであり、このセグメントで最速の市販車となり、スーパーSUVカテゴリーに新たなベンチマークを打ち立てた。

デザインとエアロダイナミクス

ウルスSEは、エアロダイナミクス効率を最適化するという明確な目的のもと、そのラインを一新した。

デザインは、フォルムのダイナミクスを強調し、車両のスポーティさと筋肉質さを際立たせている。フロントセクションには、フローティングデザインの新しいボンネットが採用され、カットオフラインがないことで連続性が感じられ、ウルスSEのアスレチックなスタイルが強調されている。 その他の新要素としては、マトリクスLEDテクノロジーを採用したヘッドライトクラスターがあり、ランボルギーニブランドの雄牛の尾にインスパイアされた全く新しいライトシグネチャーを導入している。

リアでは、カーゴ・コンパートメントハッチのデザインが一新され、「ガヤルド」にインスパイアされた連続性が導入され、テールライト・クラスターを「Y」ライトでつなぐことでラインを調和させ、新しいリア・ディフューザーにより、さらにスポーティなプロポーションとなっている。新しいスポイラーとともに、このディフューザーは高速走行時のリアダウンフォースをウルスS比で35%増加させ、車両の安定性をさらに高めている。

エアロダイナミクスの効率も、新しいアンダーボディ・エアベントとエアダクトの見直しによって改善され、より多くのエアフローがメカニカルエンジンコンポーネントを冷却する。フロントセクションの新設計は、空力特性に優れたアンダーサイドの最適化と相まって、ブレーキシステム専用のエアフローの管理も改善され、従来のシステムよりも空冷性能が30%向上している。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS