「旧車・クラシックカー」の記事一覧 - 104ページ目

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

手間や苦労も多いのに……海外でも人気沸騰中のスーパーカーを所有するワケ

自己表現やコミュニケーションのツールと捉えている少子高齢化で、若者のクルマ離れが叫ばれて久しい。レンタカーやカーシェアリングを気軽に利用でき、選択肢や価値観が多様化しその要因は様々。しかし、ひと昔前と比較すると、とにか…

続きを読む...

FR時代の日産サニーは高性能マシンに変貌するスーパーカーだった

チューニングすればリッター100ps超え!直4OHVエンジンがサーキットで唸りをあげた1970年に登場した日産の2代目サニーは、セダンや2ドアクーペ、バン、ピックアップトラックとさまざまなボディバリエーションを持っていた...

続きを読む...

年内までに12拠点追加! 「DSストア 東京」が南青山にグランドオープン

12月24日までオープニングフェアを開催中プジョー・シトロエン・ジャポンは同社ラグジュアリーブランドDS Automobileのフラッグシップストア「DS STORE東京」を11月15日から東京・南青山にオープンした。そ...

続きを読む...

タトラとシュコダを堪能する「チェコが生み出した傑作と悲しき運命」

リアに空冷エンジンを搭載した「ハンス・レドヴィンカ」によるタトラ前回は、チェコの自動車メーカータトラの「創業期から第一次世界大戦前後にかけての歴史」とエポックメイキングなモデルを紹介した。“タトラとシュコダ(現在はVWグ...

続きを読む...

「技術の日産」の礎となったレース参戦!厳選耐久レース用マシン5台【ニスモフェスティバル2018】

レースで培ったターボ技術サーキットは走る実験室だ12月2日、静岡県の富士スピードウェイで開催された「ニスモフェスティバル2018」には、新旧さまざまなレーシングカーが展示されていた。そのなかにフランスで行われるル・マン2...

続きを読む...

20世紀を駆け抜けた日産「ラリーカー」8台【ニスモフェスティバル2018】

日産の技術を育てたラリー参戦日産のモータースポーツ活動というと、歴代スカイラインを代表とするサーキットのイメージが強いが、じつは1950年代から1990年代まで「ラリー」にも積極的に参戦していた。その主戦場は、もっとも過...

続きを読む...

ハコスカGT−Rが1550万円で落札! 日本最大級のクラシックカーオークション結果とは

超希少モデルから古き良き国産車まで、100名以上のビッダーが名車をかけた1日11月30日、「GLIONグループ(ジーライオングループ)は、日本最大級のクラシックカーオークション「CLASSIC CAR AUCT...

続きを読む...

W140型 Sクラスというメルセデスが威信をかけた至高のベンツ

巨大化した威風堂々のボディサイズでバブル末期の日本で評価された第三世代プレミアムサルーンのベンチマーク的な存在として、メルセデス・ベンツのSクラスは先進的な技術を搭載。常に時代の先端を歩んできた。その歴史において1991...

続きを読む...

104 / 113«...102103104105106...»

【お詫びと訂正】

6月11日配信の「どうやってコンビニ入るのよ!」クルマ好き女子でも「ドン引き」するNGカスタマイズ3選の「シャコタン」項目で使用した写真に誤りがありました。使用した写真は公認車検取得済みの車両であり、本文の内容とは全く関係のないものでした。

写真を使用した車両のオーナーを始め関係者の方に深くお詫び申し上げます。