「FOOT WORK>スポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

2Lターボを搭載する最強のマツダ・ロードスター【東京オートサロン2017】

「ブリッツ」がターボキットを開発中 走る・曲がる・止まるの性能をアップ 昨年11月に追加されたマツダ・ロードスターRF。電動リトラクタブルハードトップを採用するこのクルマのエンジンは2リットルと、通常モデルが搭載する1....

続きを読む...

「シャコタン」に初挑戦!何を気をつける?

ただ下げるだけならダウンサス レベルアップするなら最初から車高調だ 何の対策もしないで低車高のまま走ると、確実に車体をダメにしてしまう。 そんな失敗をしないためにも、事前のセッティングが重要だ。 ひと言でシャコタン(車高...

続きを読む...

アルトワークスの車高と乗り心地を両立するツインスプリング化

スタイリング/乗り心地/走り いずれも妥協しないツインスプリング化 大人4人が余裕で座れる室内空間と引き換えに、サスペンションの取り付け位置などの問題で、サスペンションのセッティングが難しいといわれるスズキの現行型アルト.…

続きを読む...

純正ブレーキに装着できる「ブレンボ製」パーツが登場!

ブレーキパッドやブレーキローターなど リプレイスパーツとしてブレンボを装着 モータースポーツで使われ、高級スポーツカーなどに純正採用されている信頼のブレーキメーカー『ブレンボ』。しかし、いざ装着しようとしてもキャリパーか.…

続きを読む...

「ボルドワールド」がサスペンションの価格を一斉値下げ

パーツ一つ一つから価格の見直しを行って 『ロープライス・ハイクオリティ』を目指す サスペンション系パーツといえば、必ず話題に上がるメーカーの一つが「ボルドワールド」だろう。 確実なローダウンを約束し、信頼性や乗り心地にも...

続きを読む...

スタンス系を極める「エアサス」のメリット・デメリット

走行中に車高を高めれば大丈夫? カスタムシーンにおいて、ローダウンを極めるための必須アイテムといえるのが「エアサス(エアーサスペンション)」。取り付け法によっては路面とボディ下面が接地する「車高ゼロ=着地」の状態にするこ.…

続きを読む...

「ブレンボ」が模造品対策を本格化!

「ブレンボ」正規品と模造品を 見分ける5つのポイント 高性能ブレーキの代名詞であるイタリアの「ブレンボ」。そんなブレンボの偉業を不当に得ようとしている『模造品』が近年少なからず出回って、さまざまなトラブルを引き起こしてい...

続きを読む...

スズキ・アルト「ターボRS/ワークス」のハンドリングをシャープにする!

「クスコ」がアルト・ターボRS/ワークスの 走りの質を高めるボディ強化系パーツ群を発表 「キャロッセ」が、スズキ・アルトターボRS/アルトワークス用のタワーバーやメンバブレースといった「クスコ」ボディ補強パーツを発表。ボ...

続きを読む...

安定したコントロール性を追求マツダ車用「ブレーキパッド」

幅広い温度領域に対応するストリート仕様 ミニバン&コンパクトカー用を追加設定 ミスタール・マンこと寺田陽次郎氏が代表を務める「オートエクゼ」は、「ストリートベスト」を基本コンセプトにマツダ車のチューニングパーツをリリース.…

続きを読む...

1 / 212