クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 高騰が止まらない! 「シルビア」に「S2000」など一度は乗っておきたい国産ネオクラスポーツカーはいま買わなければ後悔必至です
CLASSIC
share:

高騰が止まらない! 「シルビア」に「S2000」など一度は乗っておきたい国産ネオクラスポーツカーはいま買わなければ後悔必至です

投稿日:

TEXT: 佐藤 圭 PHOTO: 本田技研工業/AUTO MESSE WEB

  • ドアを開けるAZ-1

  • ターボエンジンを搭載するS15シルビア・スペックR

  • シルビアスペックS
  • ホンダビートの走り
  • ドアを開けるAZ-1
  • ドアを開けるAZ-1

もはやネオクラ国産スポーツカーの値下がりは期待薄

 新車だった当時の価格を大きく上まわるなど、異常な高騰が続くひと昔前のスポーツカー。欲しいと思いつつ今の値段がネックになり、なかなか手を出せない気持ちはよく分かる。

 しかし年を追うごとにタマ数は減るいっぽうであり、パーツの入手もどんどん困難になるのが必然だ。いつまで待っていても値落ちは期待できず、買うなら早いほうがいいモデルを考えてみた。

ドリフト人気で高騰する「日産シルビア(S15)」

 まずはドリフトでもグリップでも高い人気のS15シルビア。ターボを搭載したスペックRで走行距離が15万km以内なら、250~330万円がボリュームゾーンでタマ数もそこそこ多い。

 もしターボにこだわらないのであれば、NAのスペックSという選択肢もアリ。それなら同じ条件で100万円ほど価格帯が下がり、走行距離が10万km以下のクルマもだいぶ増える。NAのATならサーキット走行で傷んでいる可能性も低く、程度のいいボディを活かしたチューニングには最適だろう。

シルビアスペックS

至高の専用エンジンを搭載した「ホンダS2000」

 次はFRのオープン2シーターとして熱烈なファンを多く抱えるS2000。サーキットで酷使されたクルマも多く、エンジンが超高回転型のF20Cであることを考えると、極端に走行距離の多いタマを買うのはいささか不安だ。

 そこで10万kmを上限にリサーチしてみると、どんなに安くても250万円を割ることはない。走行距離を気にしなければ200万円でもギリギリ手は届き、エンジンのオーバーホールを前提にしている人ならお買い得かもしれない。

 なお高年式で5万km未満になると700~800万円も当たり前だが、今後このようなパッケージのクルマが登場する可能性は低く、新車の2~3倍を払っても手に入れる価値はあるのかもしれない。

高回転エンジンが気持ちいい「ホンダ・インテグラタイプR(DC5)」

 ほぼ同世代といえるDC5インテグラ タイプRは、S2000ほど値上がりしていないが素性はピカイチ。220ps&21kg-mを絞り出すK20Aエンジンは、出力もフィーリングもタイプRの名にふさわしく、ワンメイクレースが盛んだったこともあり、社外パーツ、セッティングのノウハウも豊富に出揃っている。

 中古車の相場は先代のDC2インテグラ タイプRよりも安く、200万円で走行距離が10万km以下のタマを買うことが可能だ。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS