クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ロータス「エミーラ」を高速長距離と峠で試乗! スポーツカー/GTカーとしての資質について率直にレポートします
CAR
share:

ロータス「エミーラ」を高速長距離と峠で試乗! スポーツカー/GTカーとしての資質について率直にレポートします

投稿日:

TEXT: 西川 淳(NISHIKAWA Jun)  PHOTO: タナカヒデヒロ

MTであるがゆえ長く付き合える1台

ロータスの新世代2シーターミッドシップスポーツ「エミーラ」。トヨタ製V型6気筒エンジンを搭載したファーストエディションがついに日本に上陸しました。今回は、東京から京都まで長距離試乗したレポートをお届けします。筆者のホームともいえるワインディングロードを走り、スポーツカーとしての完成度の高さを実感することも。購入を検討されている方は必読です。

これまでのロータスになかった質感

中国ジーリー傘下となって一気に電動化路線を邁進するロータス。日本でもオーダー受付のはじまったBEV専用ボディを持つSUV「エレトレ」は、ブランドの歴史的転換となりそうだ。その前にちゃんと内燃機関を積んだスポーツカーも出しておこう、というわけでエミーラが登場したのだった。

今、ロータスは英国と中国という“2つの本社”があるようなもので、ジーリーがボルボのように上手くハンドリングできるのかどうか、スポーツカーファンならばロータス好きでなくとも目が離せない。

とはいえ英国側としてもハイパーカー級のBEVスポーツカー「エヴァイヤ」という狼煙をあげて再スタートを切っていた。「エミーラ」はそのデザインイメージを引き継いだ量産モデルであり、これまでの「エリーゼ」や「エキシージ」とは一線を画す存在だ。ズバリ、ターゲットはアンダー10万ドル(約1500万円)の2シータースポーツカーセグメント(ポルシェ「ケイマン」クラス)である。ケイマンの他、アルピーヌ「A110」や、少しサイズは大きいけれど価格的にマッチするシボレー「コルベット」が主なライバルとなる。

そんなこんなを頭に入れて、まずはローンチエディションでマニア垂涎の3ペダルミッションを積んだエミーラV型6気筒を都内で借り受け、いつものように一路、京都を目指した。

トヨタ製V型6気筒スーパーチャージャーを積んだ「エヴォーラ」を2シーターに仕立て直した、というサイズ感だけのイメージで走りはじめると、目に映る見栄え質感も含めた走りのモダンさに驚くことになる。

エヴォーラにはまだどこか少量生産車両の“悲哀”を感じた。エリーゼやエキシージくらい割り切ったモデルになると、それはかえってスパルタンさの現れとして評価できたのだが、「エヴォーラ」ではちょっとラグジュアリーに仕立てようとしたのが裏目に出たようだ。量産の工業製品としてどこか煮詰まっていない、プロトタイプのような雰囲気が如実に漂っていた。

エミーラはその点、これまでのロータスにはなかった、ディテールまで目の行き届いた見た目質感をものにしている。正直、「これがロータス?」と最初は驚いてしまったほど。昔からのロータスファン(マニアではないけれど)が言うのだから間違いない。インテリアにもしっかりお金をかけている。スパルタンさが残されているのはギアレバーの付け根のみ。それもあえて、の演出だ。

12

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS