クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • LIFE
  • 初代「プリウス」のバッテリー「永久保証」伝説が終了! トヨタからオーナーの手元に届いた「お知らせ」の中身とは
LIFE
share:

初代「プリウス」のバッテリー「永久保証」伝説が終了! トヨタからオーナーの手元に届いた「お知らせ」の中身とは

投稿日:

TEXT: FEN  PHOTO: FEN/AMW編集部

世界初の量産ハイブリッド車、プリウス初代前期にもう乗れなくなる?

2023年9月4日、初代「プリウス」前期型(NHW10型)を愛用する筆者のもとに、トヨタから1枚のお手紙が届いた。裏面を見ると、「ご愛用車に関する重要なお知らせです。必ず内容をご確認ください」とある。「いまさら、リコールか?」数年前にもリコールの案内が届いたことがある。20年近く昔に製造されたクルマのリコールだなんて、ずいぶんと責任感があるものだ……と思った。「今度はどこだろう?」と封を開けると、衝撃の内容だった。いや、いつかはこの日が来ると思って覚悟していたけれど……。

バッテリーの無償交換キャンペーンへの対応が2024年3月末で終了

初代プリウスのHVバッテリーに関するサービスキャンペーンへの対応で、バッテリーの充電状況によっては交換を行っていたが、それが令和6年(2024年)3月31日で終了するという内容だった。ちなみに、一部では「永久保証が終了する」といった情報が流れているが、「永久保証」は都市伝説から生まれた言葉であって、トヨタ自動車は一切使用していない。あくまでメーカーの良心によるサービスキャンペーンへの対応であり、無償交換は事実だが永久に無償交換を保証するものではないのだ。

サービスキャンペーンの内容はHVバッテリーの無料点検。点検といっても、たいていHVバッテリー交換を告げられる。出力制限警告灯、いわゆる「亀マーク」が頻繁に出るようになったらディーラーへ入庫すれば、無料でHVバッテリー交換を受けられた。なお、筆者は約15年前に中古で購入して、3度のバッテリー交換をしている。もちろん無料だった。

「市販された試作車」といえるほど信頼性が低かった初代前期

このバッテリー無償交換を受けられるのは、初代といっても、その前期型のみ。バンパーにプラスチックのモールが入ったNHW10型だけだ。マイナーチェンジ後のNHW11型は対象にならない。

NHW10型は、その後のプリウスと異なり信頼性が低いのは事実。急激な加減速を繰り返したり、長期間乗らずに放置すると「亀マーク」が出てきて、通常使用に差し支えるほど性能が低下してしまう。なお、この「亀マーク」は3代目プリウスから廃止された。進化によって信頼性が向上したことが窺える。

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS