クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • SPORT
  • アルピーヌF1パイロットに直撃インタビュー!「鈴鹿サーキットの攻略は、勇気を出すことかな(笑)」
SPORT
share:

アルピーヌF1パイロットに直撃インタビュー!「鈴鹿サーキットの攻略は、勇気を出すことかな(笑)」

投稿日:

TEXT: 藤田竜太(FUJITA Ryuta)  PHOTO: 藤田竜太

スペシャルヘルメットは日本への愛を表現するデザイン

好天に恵まれ、3日間で計22万2000人が来場した2023年のF1日本グランプリ。航空自衛隊のブルーインパルスも展示飛行を行ない、決勝日は2012年以来久々に10万人以上の観客が鈴鹿に集った(10万1000人)。

F1ドライバーにインタビューする機会に恵まれた!

それに先立ち、9月21日木曜日には、F1ドライバーを含む、レーシングドライバーがドライブする市販車に同乗し、グランプリ開催サーキットでの走行を体感できるイベント、「フォーミュラワン・ピレリ・ホットラップ」を開催。

このイベントにルノー・ジャポンとピレリジャパンのご厚意により、参加する機会を得た。さらにBWTアルピーヌF1チームのエステバン・オコン選手とピエール・ガスリー選手の2名のドライバーにもインタビューすることができたので、レース前の彼らの素のコメントをここで紹介する。

「筑波サーキットでドリフトをするのが僕の夢」(オコン選手)

まずはエステバン オコン選手にいくつか質問をしてみた。

──鈴鹿サーキットの印象は?

「鈴鹿サーキットは全体的にすごく面白いレイアウトで、流れがとてもいいですね。苦手な部分は特になく、セクター1が一番好きです」

──ご自身とガスリー選手とのドライビングスタイルの違いは?

「最新のF1マシンから最大のパフォーマンスを引き出す方法はかなり限られているので、ふたりのドライビングスタイルにはっきりした差はないと思う」

──2021年のハンガリーGPで初優勝(アルピーヌF1チーム)しましたが、優勝したことでドライビングや自身に変化はありましたか。

「優勝したからといってドライビングスタイルに変化はありません。ただ自分に対する自信とチーム内の信頼関係は格段に上がりました。やはりこうしたリザルトを積み上げていくことは大切ですね」

──今回、日の丸をモチーフにした日本グランプリ仕様の専用ヘルメットで臨むのは、日本に対する思い入れからですか?

「イエス。ずっと前からスペシャルヘルメットを作りたいという思いがあり、このヘルメットは非常に考え抜いたもので、日本への愛を表現するデザインになっています。

鈴鹿の各コーナーを描いていますし、後ろには漢字で“鈴鹿”と入れてみました。これで日本のファンへのオマージュと、応援してくれる皆さんへの愛情、尊敬を表現しているつもりです。日本の皆さんに気に入ってもらえれば何よりです」

──日本のドリフト文化にも憧れているとのことですが?

「ドリフトは昔から大好きで、時間さえあれば母国フランスでコースを設定し、市販車やバギーと車種を問わず、友達とドリフトの練習に励んでいます。本当に好きなカテゴリーなので、いつか日本のドリフトの聖地、筑波サーキットでドリフトをするのが僕の夢です」

12

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS