クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • FUTURE
  • 【ジャパンモビリティショーで比較】ソニー・ホンダモビリティ「アフィーラ」とBMW「ビジョン・ノイエ・クラッセ」に見る同じ生き残り戦略とは
FUTURE
share:
【ジャパンモビリティショーで比較】ソニー・ホンダモビリティ「アフィーラ」とBMW「ビジョン・ノイエ・クラッセ」に見る同じ生き残り戦略とは

【ジャパンモビリティショーで比較】ソニー・ホンダモビリティ「アフィーラ」とBMW「ビジョン・ノイエ・クラッセ」に見る同じ生き残り戦略とは

投稿日:

TEXT: AMW 樋口佳子(HIGUCHI Yoshiko)  PHOTO: ジャパンモビリティショー2023/AMW 瀬戸真子

  • BMWの最新ビジョン・コンセプトであるビジョン・ノイエ・クラッセ
  • 日本で初めて一般展示されたソニー・ホンダモビリティのアフィーラ コンセプト
  • BMWが電動化、デジタル化、循環性という中核分野における革新能力を結集したビジョン・ノイエ・クラッセ
  • ソニー・ホンダモビリティのアフィーラ コンセプト
  • BMW ビジョン・ノイエ・クラッセのサイドビュー
  • ソニー・ホンダモビリティのアフィーラ コンセプトのサイドビュー
  • BMW ビジョン・ノイエ・クラッセのリアビュー
  • ジャパンモビリティショー2023で日本初の一般展示となったソニー・ホンダモビリティのアフィーラ コンセプト
  • アジア初披露されたBMW ビジョン・ノイエ・クラッセ
  • モビリティと人がインタラクティブなコミュニケーションをするため、知性を持ったモビリティがその意思を光で語りかける“Media Bar”を搭載したエクステリア
  • ノイエ・クラッセの操作の様子
  • ソニー・ホンダモビリティのアフィーラ コンセプトのフロントマスク

ソニーとホンダが手を組んだクルマとBMWの未来カー

2023年10月26日(木)~11月5日(日)まで東京ビッグサイトで開催されている「ジャパンモビリティショー2023」において、BMWは「ビジョン・ノイエ・クラッセ」をアジアで初公開した。また、ソニー・ホンダモビリティは日本初となる「アフィーラ プロトタイプ」の一般展示を行った。ドイツの老舗自動車メーカーと、日本の異業種メーカー同士が手を組んだ超新興メーカーというまったく異色の両社ではあるが、その意外な共通点を探りながら展示車両を紹介していこう。

老舗メーカーと新興メーカーが見る未来

BMWはジャパンモビリティショー2023において、BMW「X2」および「iX2」を世界初披露し、さらにミュンヘンで開催されたIAAモビリティ2023にて世界初お披露目された「ビジョン・ノイエ・クラッセ」をアジアで初公開した。

いっぽうソニー・ホンダモビリティ(以下、SHM)は、米国ネバダ州ラスベガスで開催された「CES2023」で披露していた「アフィーラ」のプロトタイプの一般展示を日本で初めて行った。

2022年、ソニーグループ株式会社と本田技研工業株式会社は、モビリティ分野において戦略的提携を結び、ソニー・ホンダモビリティ株式会社を設立した。そのSHMがデリバリーする新ブランドが「AFFELA(アフィーラ)」で、「人とモビリティの新たな関係を提案する」というコンセプトのもと、このプロトタイプをベースに開発が進められている。2025年前半から先行受注を開始し、同年中に発売予定で2026年春から北米でのデリバリーが開始される予定となっている。

エクステリアに現れた伝統と革新性

BMWのビジョン・ノイエ・クラッセは、エクステリアのデザインワークにおいて必要なもの以外を削ぎ落とし、特徴的なラインとクリアなデザイン言語を体現することにより、キドニーグリルやホフマイスター・キンクといったBMWの象徴的な特徴を際立たせている。それらBMWらしい伝統を継承しながらも新たな解釈を加えることで、車両のフロントエンドはひとつの対話の場へと変貌を遂げ、高精度な3次元アニメーションによる照明効果により、ヒトとクルマの間で直感的な対話が始められるようデザインされている。

いっぽうのアフィーラは、「人が、モビリティを“知性を持つ存在”として『感じる』こと、また、モビリティがセンシングとネットワークに代表されるIT技術を用いて、人と社会を『感じる』こと、というインタラクティブな関係性を表現」したエクステリアとなっている。

BMWが伝統を継承しながらも次世代のモビリティの未来を見据えているのに対し、SHMは最先端の技術と感性を掛け合わせ、創造性で未来を切り開いていくという姿勢を示している。じつは未来に向かう両車に共通しているのは、ヒトとクルマのインタラクティブな関係性なのである。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS