「ニューカー」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

その名もthe final!スマートBRABUS最後のメーカーカスタムの特別仕様 409万円〜

テーラーメードを採用した特別モデル、フォーツー&カブリオを各10台の限定販売に「スマート」の誕生20周年を記念した限定モデルの第2弾が登場した。しかもスポーティさを追求したアーバンスポーツカー「スマートBRABUS」の最...

続きを読む...

マツダ CX-5「助手席リフトアップシート車を商品改良」 291.9万円〜

ワイヤレスリモコン採用で使い勝手を向上、安心感を高める運転制御技術も進化を遂げるマツダはクロスオーバーSUV「マツダCX-5」の商品改良モデルを本日より予約受注を開始、11月22日より発売を行なう。CX-5といえば、洗練...

続きを読む...

【新型ボルボ V60 試乗レポート】デザインと安全装備を強化した美しきワゴン 499万円から

世界最高峰のアシスト機能を搭載し、実用性&使い勝手も極上なエステート「ボルボ」のミドルサイズ・ワゴン、『V60』がフルモデルチェンジされた。新型となった『V60』は、すでにセールスがスタートしている『XC60』や『S60...

続きを読む...

新型ジムニーで進化した「走り・機能性・安全性能」を振り返る【歴代ジムニー大全】

伝統を継承しつつスズキの本気を凝縮、売れまくりの新型を改めて解剖する7月5日、約20年振りにフルモデルチェンジを実施した新型のスズキ・ジムニー。ラダーフレームや3リンクリジッドアクスルなど伝統の構造を継承しながらも、4W...

続きを読む...

「ACシュニッツァー M5」開発完了間近か!? ニュルでの目標タイムをヨルグ・ミュラーがクリア

700HPを発揮するモンスターマシン、ヨルグ・ミュラーが好タイムを叩き出す BMW M5をベースにチューニングモデルの開発を進めている「ACシュニッツァー」。先頃、最終段階のテストがドイツ・ニュルブルクリンクの...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...