「サスペンション」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

【知ってる?】走りと快適性アップに効く「補強パーツ」の役目と効果

タワーバー、フロアバーの補強系… ミニバンのボディ剛性が高まるとどうなる!? 人や荷物がたくさん積めて、使い勝手バツグン。着座位置が高くて視界も広く、ボックス形状だから運転もしやすい実用的なミニバン。 しかし、走りの面で...

続きを読む...

【三菱だもの!】アーバンになっても似合ってしまう「アゲ系スタイル」

アウトランダーに泥臭さは必須!? 「KADDIS」提案のリフトアップ 後期型になってさらに都会的なイメージへと刷新された三菱・アウトランダー。キャラは異なるものの、ライバルのトヨタ・ハリアーやマツダCX-5と比べてもスタ...

続きを読む...

【知ってる?】「ヘタリ保証」を付帯できるスプリングとは

常に負荷が掛かっているスプリング 過酷な使用環境にも対応した耐久性 走っていても止まっていても、常に荷重が掛かっているサスペンションのスプリング。 そんな過酷な使用環境でありながらも、一部のアフターメーカーのローダウンス...

続きを読む...

【知ってる?】ローダウンスプリング選びの3ポイント

クルマの基本性能はサスペンションから 価格よりも素材や作りを重視すべき! 車高をカンタンに下げられるローダウンスプリング。その手軽さから「価格重視」になりがちだが、「走る・止まる・曲がる」の要となるサスペンションだけに性.…

続きを読む...

バンでも速いぞ!サーキットを疾走するレーシング営業車【アルト・デモカー第三弾】

ワークスに続くバンも 刺激的なバットフェイスで!! 歴代のスズキ・ワゴンRやエブリイ、パレットなど、時代に合わせたスタイリッシュなエアロパーツを世に放つ、「FEEL(フィール)」。 前作スズキ・ハスラーのエアロから久々と...

続きを読む...

ローダウンの弊害に”奇跡”を起こす「ミラクルストロークアジャスター」って!?

リアの有効ストロークを確保して 後席の乗り心地を大幅改善! ダウンサスや車高調を装着すると、どうしても乗り心地は犠牲になりがち。 その要因のひとつが、低車高化に伴うサスペンションのストローク量低下によるものだ。段差を越え...

続きを読む...

アルファード&ヴェルファイアで履く21インチ、そのベストサイズとは!?

車高調によるローダウンで実践する アル&ヴェルにベストサイズを公開!! いま、SUVやLクラスミニバンで注目を浴びるホイールサイズ、21インチ。 タイヤのラインアップも増加し、イッキに手が届きやすくなったことが原因だが、...

続きを読む...

ショートナックルでアームロックを解消!極限まで下げられる

ローダウンを極めるためのノウハウを 惜しみなく投入してロープライスを実現 車高調やエアサスで車高を落とすと、ある一定の低さでタイヤハウスのインナーにフロントアッパーアームが干渉し、それ以上下げることができなくなってしまう.…

続きを読む...

ハイスペックな本格派車高調が「10万円を切る」ロープライスに!!

ビギナー向け高性能モデルに プロショップ専売の+αが登場! 「ファイナルコネクション」がプロショップ専売モデルとして開発した車高調整式サスペンション・シリーズ「プラスアルファ」。プロショップでのみ購入でき、装着・設定まで...

続きを読む...

カッコよくキマる国産SUV「1インチアップ」が4万円台から

SUVらしいタフなテイストを低コストで 「チョイ上げ」というカディスの提案 近年のアウトドアブームもあって、クルマのチョイスや利用方法も変化してきている。レジャービークル志向のSUVがもてはやされるのもトレンドのひとつ。...

続きを読む...

C-HRをワイルド&タフに変身できる「JAOS」のプログラム

都会的なSUVをイメチェン さらりとオフロードを薫らせる SUVやクロスオーバーを手がける名門「JAOS(ジャオス)」。アーバンなトヨタC-HRにも、同社が得意とするワイルドテイストを盛り込んだアイテム群を発表してきた。...

続きを読む...

Gクラス『ブラバス』の車幅を広げ迫力アップ

超ワイド化したワイドボディを纏い パワーアップとサスチューンを施す 2017年にパワーアップしたメルセデス・ベンツG350ディーゼルをベースに、「ブラバス」が完成させたコンプリートカーが『G-D6S』。その車幅を広げ、ブ...

続きを読む...

驚愕6万円未満!トヨタ&レクサス・セダン用アッパーアーム誕生

ネジ式の採用で大幅にコストダウン キャンバー調整が実現する ローダウンをしたドレスアップカーにおいて重宝するのが調整式アッパーアーム。 特にセダンでは、フロントのキャンバー角を付けることでハンドルの切れ角を増すことができ...

続きを読む...

無段階でキャンバー角調整を可能とする足まわり系パーツ

アライメントの調整幅の拡大はもちろん キャンバー変更で攻めたホイールが装着可能 キャンバー角の調整機能とリヤのストローク量アップを果たすアイテムとして登場したのが、『ミラクルキャンバーアジャスター』と『ミラクルストローク.…

続きを読む...

ヘタらないスプリングを採用する車高調整式サスペンション

サスキットが「スポーツシリーズ」に進化 走行するステージに合わせた4タイプを設定 「クスコ」の車高調整式サスペンションキット『スポーツZERO3シリーズ』が『スポーツシリーズ』へと生まれ変わった。 走るステージに合わせて...

続きを読む...

1 / 5123...»
  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • IMPORT
  • SPORTS
  • SEDAN
  • WAGON